コンテンツへスキップ

UPS CLASSIC PRO バッテリー交換

3年ほど前に購入したサウンドハウスのUPS「UPS1000PSRM」のバッテリーを交換しました。

先日うっかり電気を使いすぎてブレーカーを落としてしまったのですが、UPSは弱った鳴き声を上げて数秒でダウンしてしまいました。購入時期を考えると、バッテリーが寿命を迎えていると思われたので、交換に至ったわけです。

交換用のバッテリーは、サウンドハウスで安価に販売されています。

サウンドハウス: CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / UPSB7AH

いくつか容量が異なるものが販売されていますが、UPS1000PSRMは7Ahが2個使用されているので同じものを購入しました。

バッテリーの交換方法については、ご丁寧にYouTubeに解説動画が公開されています。

しかし、UPS1000PRSMはラックマウント用の製品で形状が異なり、分解が少し面倒でした。
背面、上面、左右側面のネジをすべて外すことで、本体カバーを取り外すことができます。
(取り外し後の写真が以下)

あとはショートに注意しながらバッテリーを交換します。
バッテリーを保持している金具は底面からビス止めされており、一人でバッテリーが動かないように手で押さえながらの作業は大変でした。
それなりの重量があるので、うっかり倒れないように注意する必要があります。

交換後、電源を投入して充電確認および電源断のテストを行い、無事終了です。
これでまた2年くらい持てばよいのですが、次は電源回路のコンデンサなどの寿命が心配になってきますね。

自宅鯖たちを支える大事なUPSですが、ひとまず今夏の停電対策ができたのでよしとしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。