Fedora 28 on Inspiron 13 7370 スプレマシー

持ち出し用のノートPCとしてXPS 13 9434を使い3年ほどになりました。Fedoraをインストールして使っていましたが、無線LANカードを交換した以外は大きな不満はなく良いマシンでした。ですが、そろそろメモリ8GBと2 core 4 threadsのなんちゃってCore i7というスペック的な厳しさを感じるようになったことと、負荷をかけると謎のフリーズが時々発生するようになったため、買い替えることに。

XPSシリーズ最新モデルのXPS 13 9370を買うという考えもあったのですが、メモリを16GBにするとそれなりのお値段になってしまうので、少しグレードを下げてInspiron 13 7370を購入しました。XPSと比較すると、XPSライクのアルミボディとスリムベゼルは良さげですが、一方、非光沢ディスプレイが選べないことと若干重い(1.4kg)ことが欠点ですね。Linuxのサポートについては、Ubuntu Certified hardwareArchWikiを見て指紋リーダー以外は特段問題なさそうだという判断です。

Inspiron 13 7000シリーズで16GBのメモリという要件を満たすのはスプレマシーという最上位モデルのみなので、これに決定です(Windowsを使わないのでOffice同梱モデルも当然除外)。17%オフのクーポン適用で14万円ほどでした。

  • 8/30 商品注文。クレジットカードの与信NGで一度連絡が来ましたが、別のカードで決済し直して解決。
  • 8/31 生産完了の通知。
  • 9/5 国内物流拠点から出荷。
  • 9/6 佐川急便から受け取り完了。

当初のお届け予定は9/11だったのですが、一週間ほどで手元に届きました。即納モデル以外だと配送が遅いとの意見をよく目にしますが、何の問題も起きなければこのくらいで届きますね。まぁ、AliExpressなどの中国通販で訓練されている身としては1, 2ヶ月かかるのを考えると大したことはないのですが。

そういえばDellのオーダーステータスページを眺めていたら、https://www.dell.com/support/orders/jp/ja/jpdhs1/dpid/GetDetailsとかいうURIを叩いて注文情報を取得しているようでした。レスポンスのJSONデータには、ページに表示されていない情報が含まれていて、例えばEstimatedShipDateTime: "2018-09-04"EstimatedDeliveryDateAtShip: "2018-09-06"は画面上に表示されていませんでしたが、早い段階でこのデータに含まれていました。EstimatedShipDateTimeの意味は定かではないですが、国内入りくらいの日付っぽいですよね。「国内配送センターへ輸送中」のステータスで固まっている状態の場合は、ある程度の目安になるかもしれません。

以下は届いたブツです。XPS 13と重ねてみると、若干奥行きが大きいですね。

実物を見ると光沢液晶がどうしても気になるので、以下の反射防止フィルムを貼ることにしました。これで目障りな反射はかなり軽減されました。

それからFedora 28のインストールです。何事もなく終わったので特に書くことがありません。

参考までに、適当にハードウェア情報を取得して貼り付けておきます。

$ cat /etc/redhat-release 
Fedora release 28 (Twenty Eight)
$ lspci
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation Xeon E3-1200 v6/7th Gen Core Processor Host Bridge/DRAM Registers (rev 08)
00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation UHD Graphics 620 (rev 07)
00:04.0 Signal processing controller: Intel Corporation Xeon E3-1200 v5/E3-1500 v5/6th Gen Core Processor Thermal Subsystem (rev 08)
00:14.0 USB controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP USB 3.0 xHCI Controller (rev 21)
00:14.2 Signal processing controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP Thermal subsystem (rev 21)
00:15.0 Signal processing controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP Serial IO I2C Controller #0 (rev 21)
00:15.1 Signal processing controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP Serial IO I2C Controller #1 (rev 21)
00:16.0 Communication controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP CSME HECI #1 (rev 21)
00:17.0 SATA controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP SATA Controller [AHCI mode] (rev 21)
00:1c.0 PCI bridge: Intel Corporation Sunrise Point-LP PCI Express Root Port #6 (rev f1)
00:1d.0 PCI bridge: Intel Corporation Sunrise Point-LP PCI Express Root Port #9 (rev f1)
00:1f.0 ISA bridge: Intel Corporation Intel(R) 100 Series Chipset Family LPC Controller/eSPI Controller - 9D4E (rev 21)
00:1f.2 Memory controller: Intel Corporation Sunrise Point-LP PMC (rev 21)
00:1f.3 Audio device: Intel Corporation Sunrise Point-LP HD Audio (rev 21)
00:1f.4 SMBus: Intel Corporation Sunrise Point-LP SMBus (rev 21)
01:00.0 Network controller: Intel Corporation Wireless 7265 (rev 59)
02:00.0 Non-Volatile memory controller: SK hynix Device 1527
$ lsusb
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 004: ID 04f3:0c01 Elan Microelectronics Corp. 
Bus 001 Device 003: ID 8087:0a2a Intel Corp. 
Bus 001 Device 002: ID 0c45:6715 Microdia 
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$ sudo dmidecode -t memory
# dmidecode 3.1
Getting SMBIOS data from sysfs.
SMBIOS 3.0.0 present.

Handle 0x003D, DMI type 16, 23 bytes
Physical Memory Array
	Location: System Board Or Motherboard
	Use: System Memory
	Error Correction Type: None
	Maximum Capacity: 32 GB
	Error Information Handle: Not Provided
	Number Of Devices: 2

Handle 0x003E, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
	Array Handle: 0x003D
	Error Information Handle: Not Provided
	Total Width: 64 bits
	Data Width: 64 bits
	Size: 8192 MB
	Form Factor: Row Of Chips
	Set: None
	Locator: Motherboard
	Bank Locator: BANK 0
	Type: DDR4
	Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
	Speed: 2400 MT/s
	Manufacturer: 802C0000802C
	Serial Number: 00000000
	Asset Tag: 9876543210
	Part Number:                     
	Rank: 1
	Configured Clock Speed: 2400 MT/s
	Minimum Voltage: 1.2 V
	Maximum Voltage: 1.2 V
	Configured Voltage: 1.2 V

Handle 0x003F, DMI type 17, 40 bytes
Memory Device
	Array Handle: 0x003D
	Error Information Handle: Not Provided
	Total Width: 64 bits
	Data Width: 64 bits
	Size: 8192 MB
	Form Factor: Row Of Chips
	Set: None
	Locator: Motherboard
	Bank Locator: BANK 2
	Type: DDR4
	Type Detail: Synchronous Unbuffered (Unregistered)
	Speed: 2400 MT/s
	Manufacturer: 802C0000802C
	Serial Number: 00000000
	Asset Tag: 9876543210
	Part Number:                     
	Rank: 1
	Configured Clock Speed: 2400 MT/s
	Minimum Voltage: 1.2 V
	Maximum Voltage: 1.2 V
	Configured Voltage: 1.2 V

SSDはNVMe接続のSK hynix PC401です。他のレビューサイトなんかを見ていると、生産時期によってはSamsung PM961が使われている場合もあるようです。データシートを見るとPM961の方が若干良いようですが、あまり気にしないことにしましょう。

$ sudo smartctl -i /dev/nvme0
smartctl 6.6 2017-11-05 r4594 [x86_64-linux-4.18.5-200.fc28.x86_64] (local build)
Copyright (C) 2002-17, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Number: PC401 NVMe SK hynix 512GB
Serial Number:XXXXXXXXXXXXXXXXX
Firmware Version: 80003E00
PCI Vendor/Subsystem ID: 0x1c5c
IEEE OUI Identifier: 0xace42e
Controller ID: 1
Number of Namespaces: 1
Namespace 1 Size/Capacity: 512,110,190,592 [512 GB]
Namespace 1 Utilization: 143,655,829,504 [143 GB]
Namespace 1 Formatted LBA Size: 512
Namespace 1 IEEE EUI-64: ace42e 81701bba37

バッテリーはDELL RPJC385という型番みたいですね。検索しても全く情報がないですね。実際に中を見てみないと分かりませんが、そもそも取り外し可能なタイプなのかな。

$ upower -e
/org/freedesktop/UPower/devices/line_power_AC
/org/freedesktop/UPower/devices/battery_BAT0
/org/freedesktop/UPower/devices/DisplayDevice
$ upower -i /org/freedesktop/UPower/devices/battery_BAT0
  native-path:          BAT0
  vendor:               BYD
  model:                DELL RPJC385
  serial:               0000
  power supply:         yes
  updated:              2018年09月14日 09時09分31秒 (53 seconds ago)
  has history:          yes
  has statistics:       yes
  battery
    present:             yes
    rechargeable:        yes
    state:               charging
    warning-level:       none
    energy:              20.52 Wh
    energy-empty:        0 Wh
    energy-full:         35.8074 Wh
    energy-full-design:  37.9962 Wh
    energy-rate:         19.038 W
    voltage:             12.159 V
    time to full:        48.2 minutes
    percentage:          57%
    capacity:            94.2394%
    technology:          lithium-polymer
    icon-name:          'battery-good-charging-symbolic'
  History (charge):
    1536883771	57.000	charging
  History (rate):
    1536883771	19.038	charging

しかし、4 cores CPU / 16GB Memoryの効果は絶大ですね。仮想マシン立ち上げてIntelliJ IDEAを使っていると以前はかなりカツカツだったのですが、快適に開発できるようになりました。これで何年戦えるかな…。


Category : ハードウェア

Tags :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。