コンテンツへスキップ

引っ越し先でのネットワーク環境整備

お久しぶりです。実は先月引っ越しをしまして、その直後にコミケがあり、正月でやっと一息つけたところです。

さて、引越し先はフレッツ光のVDSL方式しか選択肢のないマンションでして、色々と苦しんでおります。これまでauひかりを10年以上使っていたので、自宅でフレッツ回線をまともに触るのは2000年前半にADSLを引いたとき以来になります。

auひかりでは上下5Gbpsの高速サービスを契約しており、実測値も悪くなかったので、かなり富豪的にインターネットを使えておりました。

が、今は上下最大100MbpsのVDSLです。(光ネクスト マンションタイプ プラン1B)

また、噂には聴いていましたがPPPoEの網終端装置での輻輳がここまでひどいとは思いませんでした。夜間のピーク時にはダウンロードが2,3Mbpsほどになり、動画配信サービスなどはまともに使えたものではありません。

PPPoEでの輻輳を回避するために、NGNのIPoE接続(IPv6)を使ってIPv4 over IPv6トンネリングしてやるサービスが乱立しているんですね。「IPv6だから速くなる」的な誤った推論が溢れていて、まぁ、カオス状態で驚きました。

それから、NGNに関して完全に浦島太郎状態だったので、NGN独特の仕様に疲弊しております。ひかり電話の契約によって、IPv6プレフィックスが降ってくる方法が変わるとか……どうして……

この前買ったMikrotik RB4011iGS+RMで遊ぼうなんて考えていたのですが、泣きそうです。


愚痴はさておき、上記のような様々な罠を知らずに契約したのがDTI光(ひかり電話なし)です。

PPPoE接続はいいとして、問題はIPv4 over IPv6の方式です。DTI光では、MAP-E方式のOCNバーチャルコネクトコネクトというサービスを導入しているようです。それにしても、わざわざ 4466.jp なんてドメイン取ってまで宣伝してるのですね。

RouterOSを用いた接続ですが、DS-Lite方式については動作報告を見つけることができましたが、MAP-Eは見当たりませんでした。

ねころくぶろぐ: RouterBoardでDS-LITE

MAP-Eそのものというよりは、提供事業者によるマッピングルールやBorder Relayが明らかにされていないことが問題でしょうか。

JPNEが提供するv6プラスやBIGLOBEのv6オプションについては、先人たちの調査によって判明しているようです。

風柳メモ: v6プラス関連の覚え書き

ネトゲー回想録: v6プラスのIPアドレス&ポートの計算方法

issue: biglobeのIPv4 over IPv6でハマった話 (RTX830)

OCNバーチャルコネクトコネクトは情報がありません……

仕方がないので、調査用にOCNバーチャルコネクト対応ルータWSR-2533DHP2を買ってきました。それで挙動を解析しました。

とりあえず、分かったことを書いておきます。

  • rule.map.ocn.ad.jp というホスト名を名前解決してた
    • ググるとCiscoの以下のドキュメントがヒットする
      IP Addressing: NAT Configuration Guide, Cisco IOS XE 17
    • どうやら↓みたいなAPIを叩いて、マッピングルールを取得しているっぽい?
      https://rule.map.ocn.ad.jp/?ipv6Prefix=<address>&ipv6PrefixLength=<prefixLength>&code=<API Key>
  • ルータ管理画面の出力を見る限りでは、CEアドレス、IPv4アドレス、ポート番号が以下の計算機の計算結果と一致することを確認。なんと、この計算機はOCNのIPレンジも対応済みだったんですね…。
    http://ipv4.web.fc2.com/map-e.html
  • BRアドレスは、自分の環境では 2001:380:a120::9

はぁ、意地を張らず最初からIX2105あたりを入手しておけば良かったと後悔しかけています。

今日はここまで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。