コンテンツへスキップ

USBメモリが危篤

10/23(金) 深夜のこと…

ある研究会で使用するOpenOffice.org(Portable)をUSBメモリに書き込んでいました。
小さなファイルを大量に書き込むには不向きな安物MLCフラッシュメモリ、結構時間がかかります。
で、書き込み中に何らかの原因でインストールプログラムが停止したか、USBメモリの接続が切断されたかで、データが破損およびクラスタ破損したようです…(もともとメモリ側が異常だったのかも)
で、再接続するとチェックディスクを行えとのこと。
チェックディスクを行うもののファイル数が多いので時間かかる。
じ~っと待っていたんですけど、動作が停止しているみたい?
ついには応答なしになって強制終了。
恐る恐るドライブを開いてみると…無事ファイルが見えますね。
ですが、ファイルを削除したり書き込んだりしようとすると、「書き込みが禁止されています」と叱られました。
おかしいな、ライトプロテクトスイッチなんてついてないんですけどね。
いっそのことフォーマットしてみると、「フォーマットを完了できませんでした」だと!?
ついには中身も見えなくなりました。

この日はあきらめて、明日のことなので違うUSBメモリを使いました…


そして、本日修復を試みました。
色々とネットサーフィンして情報収集していると、Windows標準の論理フォーマットではなく物理フォーマット(ローレベルフォーマット)してみるとよいとのこと。
それでダメだったらゴミ箱行き。

BUFFALO Disk Formatter」というツールが使えそう。Buffalo製品以外でも使えます。
で、今物理フォーマット中です。
8GBのUSBメモリなので、多少時間がかかるとは思いますが、2時間余り経過しています。
でもアクセスランプは点灯しているので動作が停止している訳ではないようです。
しばらく様子を見てみます・・・

180分経過...

220分ごろで終了。
現在クラスタチェック中。


2 thoughts on “USBメモリが危篤

  1. hikky

    セキュリティ外さないでフォーマットしてしまい、あなたのblogが参考になりました。。
    8G・・・まったく同じ容量なので非常に時間かかりますね。。

  2. ばびぶべぼん

    hikkyさん、コメント頂きありがとうございます。
    お役に立てて何よりです。

    この記事を書いた当時は8GBでもそれなりの値段をしましたが、最近ではだいぶ値が落ちましたね~
    今だったらとっとと買い替えちゃいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。