コンテンツへスキップ

液晶ディスプレイ修理 電解コンデンサ交換

こんばんは。

さてと、今回は液晶ディスプレイの修理です。
問題のディスプレイはBenQ の「FP567s」というやつで、中古だかジャンクだかで入手した覚えが。
XGAなので使うことも滅多になかったのですが、久々に引っ張り出して電源を入れたところ、プツンップツンッと周期的に点いたり消えたりを繰り返します。
液晶やバックライトは問題なさそうなので、内部の電解コンデンサが怪しそう。

ITmediaの記事を見つけましたが、写真とは外観が違いますね。
本体背面を見てみると、

Product Name : FP567s Ver.2
Mfg.Date : February / 2004

となってました。
寿命的にも電解コンはかなり厳しそう。(その前に修理する価値あんのか←
貧乏性なのか、やっぱ捨てるのは勿体ないので直しましょう。

では早速バラしましょう。背面パネルを取ったところ。

背面カバー外し

中央部のシールドに内部にメインボードが収められています。
で、 コネクタ引っこ抜いたり、色々外して、メインボードを取り出します。

メインボード

二つの基盤に分割されており、双方はピン接続されています。
左側が信号処理基板で、右側が電源・インバータ基盤でしょうかね。
まず不良が発生するのは電源・インバータ側ですね。

不良コンデンサ

で、観察してみると、案の定、不良コンデンサを発見。
 いずれもメーカーはEliteで、中央右の25V 470μFは液漏れ、他10V / 35V 1000μFが幾つか膨張しています。

とりあえず、これらは交換ですね。

コンデンサ交換後

手持ちの部品を見てみると都合の良いものがあまり無い・・・
 とりあえず、25V 470μFはPanasonic FC 35V 470μFに。
10V1000μF ですが、上写真の中央左のデカいPanasonic FC 35V 1000μFにしてみたのですが、高さが格納時に干渉してしまいました。
取り外すのも面倒なので、そのまま無理やり取り付けます(笑)
他はケミコン KZH 25V / 35V 1000μFに交換しました。

で、面倒な組み立ても終わり、電源を付けたところ・・・
無事、正常に画面表示がされました。
良かった良かった。あとどのくらい持つか知らないけどね。


2 thoughts on “液晶ディスプレイ修理 電解コンデンサ交換

  1. japyama

    個人的に液晶の修理とかを受けてはもらえないでしょうか?
    費用はもちろんお支払いたします。
    モニタはU3011 IPSモニタ
    症状は電源はOKですが、液晶は暗く、メニューもでません。
    ご一報お待ちしております。

  2. ばびぶべぼん

    コメントありがとうございます。
    メールの方へ連絡させて頂きました。
    どうぞご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。