コンテンツへスキップ

ASUS U24A SSD換装

長らく考えていたモバイルノートPC(ASUS U24A)のSSD化。
静音性と低消費電力、耐衝撃性。モバイルノートに搭載しない理由はないでしょう。
Samsung SSD 840のキャッシュバックキャンペーンが行われていたので、これはお得だということで買ってきた。

7月7日にドスパラパーツ館にニコル君がご来訪とのことで、行って参りました。
840シリーズの250GBモデル「MZ-7TD250B/IT」を購入予定だったのですが、
あいにく売り切れだったので120GBの「MZ-7TD120B/IT」を買ってきました。
Dospara ニコル君

¥7,980から¥1,000円引きに、さらに¥1,000分のキャッシュバックで、実質¥5,980です。
840シリーズはTLCを採用しており、耐久性が低いとの指摘も多いですが、私の場合は持ち歩き用のノートPCで大量のデータを毎日書き込むわけではないので大丈夫でしょう。
きちんと用途を考えておけば、それほど大きな問題ではないと思います。
また、専用の管理ツール「Samsung SSD Magician」にてオーバープロビジョニングの予備領域を変更することもできます。
心配であれば、初期設定より余裕をもって確保するということも可能です。


さて、換装(というかリカバリ)のお話です。
物理的なパーツの換装は裏蓋外せば簡単にできるので省略します。

U24A標準搭載のHDD(WD7500BPVT)は750GBのくせしてGPTなので、普通にクローンしようとするとうまくいかないようです。
なんかいろいろ面倒なので、今回は潔くリカバリすることにしました。

しかし、リカバリDVDなどは付属しておらず、DtoDでのリカバリしかありません。(ImageXで構築されているっぽい)
検索していると「ASUS AI Recovery」というソフトで、リカバリデータをDVDやISOなどに出力できるようです。
、私の2013.3製造のものにはAI Recoveryとやらが付属していません。
ASUSサイトを見てもダウンロードできないようで・・・

しょうがないので、検索して見つけた下記サイトから入手しましょう。

http://www.nodevice.jp/driver/AI_Recovery/get83316.html

ここで重要なのがVersionです!

はじめは何も知らずに最新の「V1.0.28」をダウンロードしたのですが、これが間違い
悪いことに、インストールもリカバリデータの出力も正常に完了するのですが、いざリカバリしてみると

A disk read error occurred
Press Ctrl+Alt+Del to restart

という残念な結果に終わり、色々努力はしましたが復旧できず。

どうもリカバリデータがおかしいようで、【ASUS】U24シリーズ総合 4【U24E/U24A】の情報によるとV1.0.26が良いようです。
実際試してみると、無事成功しました。
ちなみに「BD用の容量でISOフィアルを作成する」にて8.17GB程のISOファイルが出来上がりました。
メディアに焼いて外付けドライブを用意するのも面倒なので、USBメモリなどに書き込むのが早いしお勧めです。
8GBちょいという微妙な容量なので16GBあれば足りますね。
やり方は検索するなり、以下あたりを参考に。

@IT: Windows 7/8のインストールUSBメモリを作る(diskpart編)

リカバリ中は十数回近く再起動した気がします。
後半はプリインストールソフトをインストールしまくってたみたいです。どうせ後でアンインストールするっていうのに・・・

次回以降のために、プリインストールソフトなどをクリーンにした状態でシステムイメージを作成しておきました。
なので、リカバリパーティションの25GBを削除して、128GBという容量を少しでも広く使いましょう。
Visual StudioやCygwinとか結構容量を食うソフトなどをインストールしましたが、
今のところ、使用: 41GB / 空き: 70GBと案外余裕があります。
動作もHDDのころのもたつきが解消され快適です!

それでは最後にベンチマーク結果をどうぞ。

Samsung 840 120GB


3 thoughts on “ASUS U24A SSD換装

  1. milksizegene

    ご無沙汰しております。840シリーズを購入されたのですね。

    読み込み性能で見ますと、proに匹敵しますね。

    http://imgur.com/2VfovKk

    購入してから半年近くになりますが、最近のベンチマークとSMARTです。

    http://imgur.com/0eIqZU5

    なぜかSSDの温度が結構高いのが気になりますが、エアフローと諦めております。

    SSDの耐久テストを拝見していますと、840シリーズは耐久性が・・・?とおっしゃられる方もおりますが、あのテスト環境下では十分すぎるほどの結果と思いました。

    intelと東芝は化け物クラスですが、あそこまで耐久性あっても他のパーツが持たないような気も…。

  2. ばびぶべぼん

    コメントありがとうございます。

    そういえばmilksizegeneさんも以前に記事にされていましたね。
    私は懐が寒いので840シリーズにしました(笑)

    やはり840 PROとは書き込み性能が大きく開きがありますね。
    ただ、HDDを比較すればランダムアクセスが十分に高速なので体感的には快適です。
    ホントにSSDの快適さに慣れてしまうとHDDの遅さに耐えられなくなってきますね~

    温度はかなり冷却されているほうだと思います!
    私の方は常に40℃越えですから、室温+数℃であれば良好ではないでしょうか。
    SSDは低い方が良いと思いますが、Googleの統計によるとHDDの場合冷えすぎもダメみたいですから驚きです。

    今度はぜひNAND型フラッシュメモリの先駆者である東芝製SSDを使ってみたいですね~
    価格だけがネックですからw

    それではまた宜しく願います。

  3. milksizegene

    ショウヘイさん、ご返信ありがとうございます。

    本当にSSDに慣れてしまいますと、HDDの遅さには耐え切れないですね。OSの起動時間などは完全に体感差がありますのでSSDの早さに慣れてしまいますとどうも…。

    SSDは冷却されているほうですか、ありがとうございます。

    ハードディスク関連は問題ないとわかりましたが、問題はGPUのほうですね。

    簡易水冷に変更したせいか、最近3Dmarkのベンチテストを行いますと、以前は83度だったのが89度まで上昇していました。

    以前のトップフロー型のCPUクーラーですと、幅があり空気がGPUまで冷やしていたのかもしれませんが、簡易水冷に変更後はCPUのみを冷やすタイプのため、GPUが冷えないのかもしれません。

    とはいえ僕も懐が寒いため、当分PCパーツの購入はないですね(悲)

    それでは失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。