ASUSTOR AS1004T 購入

2016/3/16 

アニメ録画サーバと、エンコード済み動画の保存用NASの空き容量が逼迫してきたため、新たにNASを購入しました。

既存のNASはNETGEAR ReadyNAS 102(RN10200)です。
低価格帯の製品だけあってCPU(Marvell Armada 370)が非力で、転送速度もそこそこといったところ。
とはいえ、自分の用途には十分な性能なので良い買い物ではありました。

今回も同じシリーズでReadyNAS 104を買おうかな、とも考えたのですが、せっかくなら新しい製品にしようと思い色々物色することに・・・。

NAS

比較検討した結果、ASUSTOR AS1004Tが良さげと判断し、購入しました。ハードウェア仕様をみると、ReadyNAS 100シリーズとメモリ容量は同じですがCPUがArmada 385へ強化された構成になっています。Synology DiskStation DS216jなんかも似たような構成ですね。

転送速度については、公式製品ページに記載のベンチマーク結果によると、CIFSでRead 110.66MB/s, Write 95.72MB/sとあり、必要十分な性能だと思いました。(ただし、SSD*4 RAID5環境での数字ということに注意)

HDD

HDDは、録画サーバにも使用しているTOSHIBA MD04ACA300を2本購入。
ちょうどTSUKUMOでセールをやっていたので、1つ\9,374で購入できました。
RAID構成はRAID1のボリュームを2つ作成することにして、価格動向を見つつ残り2本を追加購入する予定です。

TOSHIBA MD04シリーズはネット上のレビューなどでゴリゴリうるさいとの声をよく聴きます。ケースや筐体にも依りますが、私もうるさいと思います。しかし、それを避けるためにDT01やWD EZRZ(旧Green)を選択するのはあまりお勧めしません。
MD04は旧富士通の系譜に連なり、一般デスクトップ向け(DT01)とは異なるラインだと推測されます。NAS向けのWD Redは高すぎる・・・と思うのであれば、おすすめです。

東芝 MD04ACA300 ※20周年記念セール!
3TB 3.5インチHDD SATA6Gb/s 7200rpm バッファ128MB
商品スペック
容量 3TB 回転数 7200rpm
インターフェイス シリアルATA 600 バッファ 128MB
パッケージ バルク品
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2016-03-15 に生成しました

ベンチマーク

さて、セットアップを終えてお手並み拝見です。
CrystalDiskMarkのベンチマーク結果を以下に載せておきます。

いずれもクライアントはWindows 10 x64からの接続で、SMB 3.0でネゴシエートされています。
また、ジャンボフレーム(MTU: 9000byte)対応です。

NETGEAR ReadyNAS 102

ReadyNAS10ベンチ HDD: WD10PURX *2 (RAID1)

ASUSTOR AS1004T

AS1004Tベンチ HDD: MD04ACA300 *2 (RAID1)

3桁には届きませんでしたが、なかなか良い数字ではないでしょうか。

ついでに録画サーバも載せておきます。
CPU: Xeon E3-1225, Mem: 16GB KVM上のCentOS 7 x64で構築した録画サーバです。
ゲストには2 cores、4GBを振ってあります。
ファイルサーバはSamba 4.3.6で、SMB 1.0でネゴシエートしています。

録画サーバ ベンチ HDD: MD04ACA300 (non RAID)

システム情報

この製品もSSHでログインできるので、やろうと思えば色々できるはずです。

admin@AS1004T:/volume1/home/admin $ uname -a
Linux AS1004T 3.10.70 #1 SMP Tue Feb 2 00:15:00 CST 2016 armv7l GNU/Linux
admin@AS1004T:/volume1/home/admin $ cat /proc/cpuinfo
processor : 0
model name : ARMv7 Processor rev 1 (v7l)
BogoMIPS : 2125.00
Features : swp half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x4
CPU part : 0xc09
CPU revision : 1

processor : 1
model name : ARMv7 Processor rev 1 (v7l)
BogoMIPS : 2125.00
Features : swp half thumb fastmult vfp edsp neon vfpv3 tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x4
CPU part : 0xc09
CPU revision : 1

Hardware : Marvell Armada 380/381/382/383/384/385/388 (Device Tree)
Revision : 0000
Serial : 0000000000000000

まとめ

使い始めたばかりではありますが、管理画面のUIもReadyNASと比べ洗練されています。
ウィンドウシステムのようなUIを採用しているのが特徴的ですね。
ところどころ日本語の翻訳が気になる部分はありますが、全体のユーザビリティは良さげです。

性能もファイルサーバとしてホームユースでは十分ですが、多くのサービスを動かしたり、多くの同時接続数を要求されたりする場合は、素直にAtomやCeleronなどx86なモデルにすべきでしょう。

筐体についても、正直、価格相応といったところです。
商品画像を見ると、前面パネルの表面加工が高級感あるように見えますが、実際は・・・。
そして、金属筐体でないという点が残念なところです。非常にチープです。
筐体の作りとしては、ReadyNASの方が安いにもかかわらず、かなりしっかりしていますね。

後は、出来るだけ長く動き続けてくれることを願いましょう。


Category : ハードウェア

Tags :

Comments

2 Responses

  1. Shoji より:

    「AS1004T」「AS3104T」「AS3204T]の購入を考えています。転送速度のベンチマークは大変参考になりました。

  2. コメントありがとうございました。
    お役に立てたようで幸いです。良い買い物となることをお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。