コンテンツへスキップ

持ち出し用のノートPCとしてXPS 13 9434を使い3年ほどになりました。Fedoraをインストールして使っていましたが、無線LANカードを交換した以外は大きな不満はなく良いマシンでした。ですが、そろそろメモリ8GBと2 core 4 threadsのなんちゃってCore i7というスペック的な厳しさを感じるようになったことと、負荷をかけると謎のフリーズが時々発生するようになったため、買い替えることに。

XPSシリーズ最新モデルのXPS 13 9370を買うという考えもあったのですが、メモリを16GBにするとそれなりのお値段になってしまうので、少しグレードを下げてInspiron 13 7370を購入しました。XPSと比較すると、XPSライクのアルミボディとスリムベゼルは良さげですが、一方、非光沢ディスプレイが選べないことと若干重い(1.4kg)ことが欠点ですね。Linuxのサポートについては、Ubuntu Certified hardwareArchWikiを見て指紋リーダー以外は特段問題なさそうだという判断です。

Inspiron 13 7000シリーズで16GBのメモリという要件を満たすのはスプレマシーという最上位モデルのみなので、これに決定です(Windowsを使わないのでOffice同梱モデルも当然除外)。17%オフのクーポン適用で14万円ほどでした。

  • 8/30 商品注文。クレジットカードの与信NGで一度連絡が来ましたが、別のカードで決済し直して解決。
  • 8/31 生産完了の通知。
  • 9/5 国内物流拠点から出荷。
  • 9/6 佐川急便から受け取り完了。

当初のお届け予定は9/11だったのですが、一週間ほどで手元に届きました。即納モデル以外だと配送が遅いとの意見をよく目にしますが、何の問題も起きなければこのくらいで届きますね。まぁ、AliExpressなどの中国通販で訓練されている身としては1, 2ヶ月かかるのを考えると大したことはないのですが。

... "Fedora 28 on Inspiron 13 7370 スプレマシー" を続けて読む

コミックマーケット94(C94)に参加された皆さん、お疲れ様でした。昨年の夏コミが比較的過ごしやすかったこともあり、今回は身にこたえる暑さでした。

新刊

AniMetadata Vol.2 (ISDN278-4-663011-05-1)

今回は、私が別の原稿を抱えているという事情もあり、てんくろ氏に協力いただき共同執筆といたしました。本当にギリギリだったので、表紙がペラペラだったり、組版がテキトーだったりして申し訳ないです。

いつも通りLaTeXを使って書いており、てんくろ氏にはMarkdownで書いてもらってPandocで変換するという方法をとったのですが、結局手で修正しなければならない部分(特に図表)が多くてあまり効率的ではありませんでした。反省です。

... "コミックマーケット94 参加報告" を続けて読む

3年ほど前に購入したサウンドハウスのUPS「UPS1000PSRM」のバッテリーを交換しました。

先日うっかり電気を使いすぎてブレーカーを落としてしまったのですが、UPSは弱った鳴き声を上げて数秒でダウンしてしまいました。購入時期を考えると、バッテリーが寿命を迎えていると思われたので、交換に至ったわけです。

交換用のバッテリーは、サウンドハウスで安価に販売されています。

サウンドハウス: CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / UPSB7AH

いくつか容量が異なるものが販売されていますが、UPS1000PSRMは7Ahが2個使用されているので同じものを購入しました。

バッテリーの交換方法については、ご丁寧にYouTubeに解説動画が公開されています。

しかし、UPS1000PRSMはラックマウント用の製品で形状が異なり、分解が少し面倒でした。
背面、上面、左右側面のネジをすべて外すことで、本体カバーを取り外すことができます。
(取り外し後の写真が以下)

あとはショートに注意しながらバッテリーを交換します。
バッテリーを保持している金具は底面からビス止めされており、一人でバッテリーが動かないように手で押さえながらの作業は大変でした。
それなりの重量があるので、うっかり倒れないように注意する必要があります。

交換後、電源を投入して充電確認および電源断のテストを行い、無事終了です。
これでまた2年くらい持てばよいのですが、次は電源回路のコンデンサなどの寿命が心配になってきますね。

自宅鯖たちを支える大事なUPSですが、ひとまず今夏の停電対策ができたのでよしとしましょう。

今回はHostMyBytesのVPSです。ここも低価格帯のホスティング業者としてよく出てくる名前の一つですね。
半年ほど使ってみたのでざっくり感想をまとめてみました。

現在は以下のスペックのVPSを利用しています。
4GB VPS Special: OpenVZ / 4 vCPU cores / 4GB RAM / 100GB HDD / 5TB Transfer

Holiday Specialsのセールであれば、年契約で$30という驚異の安さです。
KVMでも2GB RAMで$45/yなのでかなり安いです。
VPS Resource Poolというリソース単位で購入し、その範囲内でVPSインスタンスを立てられるプランもありますが、使ったことはないです。

ロケーションは、カナダ(Montreal)、アメリカ(Miami, Los Angels, Chicago)、フランス(Strasbourg)があります。レイテンシを考えればLosですね。tracerouteを見る限りではQuadraNetのDCかな。カナダ、フランスはOVH。 ... "HostMyBytes OpenVZ 格安VPS" を続けて読む

また、海外VPSの話です。今回はVirMachのVPSです。

私が使っている限りこの価格帯としては使える部類だと思われます。AUPはリソースの使用率が厳しいように見えますが、具体的な数字が表示されている方が、明確な基準もわからずサスペンドされるより十分親切だと思います。

しかし、最近、新たに注文しようとしたら「てめえの国は危ねえから身分証明書見せろや」と言われるようになってしまいました。Bitcoin支払いなら身分証の提示は不要だそうですが、Bitcoinで積極的に支払おうとする人の方がリスク高い気のでは…。

1,2ヶ月前にCloud Storageプランの提供が始まり、1TBで$7/m (年払いなら$70/y)という大変魅力的な価格です。すぐに在庫切れになるくらいには売れているようです。同価格帯ではTime4VPS Storage VPSが挙げられますが、場所がリトアニアでネットワーク的に遠いのでちょっと…という方にはおすすめかもしれません。 ... "VirMach 格安VPS" を続けて読む