コンテンツへスキップ

部屋を整理していて久々にオンボロPC達が顔を出した。
Linuxでも入れて活用するかな~と思って電源を入れてみたのだが、通電が不安定なのが何台かあった。
ケースカバーを開けて、マザーボードを一通り眺めてみると、どれもCPU周辺の電解コンデンサが膨張、液漏れ、腐食している。
ググってみると案外交換したという例が多くあり、まあ壊れても大したことないものなので挑戦してみることに。

実験対象となるのは「Compaq Evo Desktop D510 SF」という2002年発売のもの。
たしかこれ自体、ジャンク品として手に入れたかも。よく覚えていない。
一応部品等の欠損もなく、通電さえされれば動きそう。
CPUは換装してあり、Pentium4 - Northwood 2.66GHz FSB533MHz。
メモリDDR-SDRAM 512MB+512MB=1GB 当時はメモリ高かったなぁ。
今じゃDDR3-SDRAMなんて値下がり続け4GB*2が3000円弱、8GBをたったこれだけで手に入れられるとは・・・

無駄話はこれぐらいにしておいて、本題へ。

マザーボード まずはマザーボードを取り出す。
(写真は既に問題の電解コンデンサを取り外してある)

 

CON_2 問題箇所の拡大写真。
右上の電解コンデンサの防爆弁を見ると膨張しているのがわかる。
少し中央が茶色く腐食しているのもわかるだろうか。

 

CON_3コンデンサの取り外しにかなり苦労してろくな写真を撮っていなかったのだが、足に赤くマークしてあるところが交換対象。
やはり放熱が凄くて20,30W程度の半田ごてでは歯が立たなかった。
20W/130W切り替え式のコテを調達してトライするものの、なかなかうまくいかない。
もたもたしていたら、コンデンサに力を加えた瞬間プシューと音を立てて、破裂とまではいかないが液漏れした。
ハンダを少し足して熱が伝わりやすくし、全体が溶けたら吸い取り機で吸い取り、コンデンサを引き抜く。
少しずつ慣れてきて、なんとか汗だくになりながら終えた。

CON_4取り外し後、新たな電解コンデンサを取り付けた。
秋葉原で調達したコンデンサは、ニチコン HZ 10V 2200μF 超低ESR
パスコン用なので、交換前以上の耐圧・容量であれば良いと思う。
本当は全部取り換えた方がよいのだろうが、もともと壊れて捨てる運命にあったPCだし、電解コンデンサとしては結構高いものだし、ということで状態がひどいものだけにした。
このまま使い続けたらまた同じようなことになるとは思うけどね。

とまあ、こんな感じで付け替えは終了。
組み直してから、恐る恐る電源ボタンを入れると無事起動。
一日つけっぱなしにしておいても平気だったので、取り敢えず成功かな?
暇があったら他のPCも同様に修理してみようと思う。

以下、今回参考にしたサイト

マザーボード上の膨張した電解コンデンサを交換する
PC マザーボード液漏れ電解コンデンサのブローアップ、 Capacitor 交換修理
至高の自作 - コンデンサを張り替えよう

2

9月7日の夜に突然動作が異常に遅くなり、夜も遅かったので取り敢えずシャットダウン。
翌日起動してみると、「Windowsを起動しています...」の画面でフリーズ。
おかしいと思い、セーフモードで起動。
しばらく原因を探っていると、Dドライブ(システムドライブとは物理的に別HDD)のアクセスが異常に遅いことが判明。
HDDの異常が疑われるのでCrystalDiskInfoで見てみると・・・

CrystalDisknfo_1

異常!
「代替処理済のセクタ数」が0x5C5=1477個。購入してから1年半ぐらいしか使用していないが、残念。
ちなみに問題のHDDはHITACHI (HGST)製の「HDS721010CLA332」
RMA保証も無いので、運が悪かったということで買い替え。

メインPCの構成はシステムをSSDにインストールしているが、容量の関係でUsers・Program Files・Program Files (x86)・Program Dataの各フォルダをDドライブに移動している。(ここら辺を参考に)
そのためデータドライブとはいえ、半分システムドライブのようなもの。
てなことで、早急に対策を打たねばなりませんので、HDDのバックアップイメージ作成と交換用HDDを購入。

バックアップに使用したのは「EaseUS Todo Backup Free」というフリーソフト。
※ 最新版では日本語対応されている。

フリーであるが、高機能かつ使い勝手も良い。キャプチャ

ただ、問題が生じているHDDなのでバックアップも止まったり動いたりの繰り返しで、データ自体は150GB程なのだがかなり時間がかかった。
データに破損が生じていなかったのが幸いだ。

そして、交換用に購入したHDDはWestern Digital製 「WD5000AAKX
Sofmap.comで3,250円で購入したが、今思えば500円ほど足せば保証付きのパッケージが買えるではないか・・・。HGSTもWestern Digitalに売却されたことだし、今後はWD製品を買い続けるでしょう(ブランドとしてHGSTの名は残すようです)。SeagateとSamsungにお世話になることはまずないだろうし・・・あとは2.5inch用で東芝ぐらいかな。

さてさて、日頃のバックアップの重要性を認識した一件でした。

4

初音ミクさん

どうも、こんばんは。

さて、この前(といっても先月か?)ソフマップ.comを巡回していたら、
あのYAMAHA DX7を発見しました。
「あの」ってのは何を指しているのかは当然お分かりですよね。
右にお立ちになっていらっしゃる初音ミクさんの左腕のモノです。

んで、値段も¥7,000ぐらいだったかで、どの程度の相場か知りませんが買ってみるかと。ただ一つ心配だったのはジャンク扱いで、動作保証も何もないということです。全体的にキズ有り、鍵盤ガタつき・・・などと色々と記載されていましたが、現物を見に足を運ぶのも面倒なんでね。
ネットショッピングでのジャンク購入は賭けですが、ポチりました。

CA3G0088
CA3G0089数日後、でっかくて重いものが届きました。
早速ダンボール開けてみると、まあ想定内の見た目。
本題は電源が入り、音が出るかどうか・・・
安全のため、簡易的に通電箇所をチェックして、電源投入!
・・と、起動したっぽいぞ。
テキトーに鍵盤押してみると、音もちゃんと出てるね。
内臓のバッテリも2.8Vだからセーフ。ただ、やっぱりソフマップの記載通り、鍵盤にガタつきがある。
そんなことで、清掃・修理・点検を兼ねてバラすことに。

CA3G0072

本体上部のビスを外すと、パカッっと開きます。
蝶番がついていて、メンテナンス性が良いですね~。
CA3G0074

トランス、電源部分です。
電源コードと接続部分が劣化して危険な状態だったので取り替えです。プラグもボロボロだったんでね。
CA3G0076

内臓バッテリー周辺。
特に問題はなさそうです。
CA3G0094

こちらは鍵盤ユニットです。 固定しているビス(本体裏も忘れず)を外せば、ガバッと取れます。ケーブル等に気を付けて。 左の画像はひっくり返ってます。
CA3G0073鍵盤を一つ一つ取り外しているところです。
鍵盤裏に薄板バネが入っているので、うまく鍵盤を押し込んで引っ掛かりを外すと取れます。
面倒がって雑にやると壊しそう・・・
CA3G0075

これは鍵盤をすべて取り外した状態。
一苦労です。
CA3G0097

鍵盤のガタつきの原因について、よ~く調べたところ…
鍵盤を固定する突起がいっぱい並んでいます。
それが微妙に柔らかい何とも言えない素材でして、それが変形してしまっているようなのです。

分かりますかね?
右から2番目の突起が左に傾いてますよね?
これが隣の鍵盤と干渉しあっているみたいなのです。
ペンチで丁寧に正しい位置へ修正して終わり。
CA3G0096

左のユニットは、鍵盤ユニット裏の鍵盤接点です。
これがダメになったら鍵盤押しても音出ませんからね~
Kenban_setten

左が簡単なしくみを示した図です。
二つの接点(金属板)があり、鍵盤を押すことで下側の接点に触れます。 至って単純。
DX7はベロシティーセンシティブ鍵盤ですので、この上の接点から離れた時(押し始め)から、下の接点に触れた時(押し終わり)の時間によってベロシティが計算されます。 (たぶん)
CA3G0098

左の写真を見ていただくと、中央の板が不自然に変形していますね?
こうなると、接点間の距離が他と狂いますので同じ強さで鍵盤を叩いてもベロシティにムラが出てしまいます。
なので、慎重に曲げて、できる限り原型に近づけます。
ピンセットで少しずつ、疲れました。 
CA3G0099

さて、作業も終盤。
あとは鍵盤をクリーニングします。
プラスチック用のワックスで磨いたらかなり綺麗になりました。
汚れ、黄ばみもすっかり無くなり光沢感が出ました。

さあ、あとは鍵盤を元通りはめ込む。
一応、鍵盤部品の上部に音名が刻印刻印されているので安心です。 
それと、鍵盤部品の裏(土台の突起と接触するところ)に少量のシリコンスプレーを吹くと良さそうです。
付けるときは、接点にかからないよう注意です。(通電不良)

あとは適当に掃除して、接点復活剤でも付けて、終わり!

 

さて、DX7復活作業はひと段落です。

さて、そろそろ気温も上がってきて、もうまもなく夏ですね!

そこで爆熱CPUちゃんのPhenom II 965を冷やすべく新たなCPUクーラーを導入しました。
下はリテールクーラー。ヒートパイプとかフィンも割とあって、思ったよりは冷える。爆音なのを除いて。retail_AMD

そこで今回買ってみたのはKABUTO。なんだかんだ定評があるっぽいのでね。

KABUTO_T
それで実際に取り付けた様子(下)。 かなり大きいです。
AM3ソケット用金具は取り付けが大変難しい、とのレビューを数多く見て心配していたのですが、
これでいいのか?ってほどあっけなく取り付けられ、もちろんマザーとか取り外しも不要でした。
ビス留めと比較すると多少ぐらつきがあってちょっと心配ですが、外れるようなことはなさそうなので・・・

あと、この写真の取り付け向きは実は逆ですね。
ヒートパイプが出ている方を下向きにするのがベストらしいです。
Northbridgeのヒートシンクに干渉しそうでしたが、なんとか取り付けなおしました。

それで、肝心の冷却性能は・・・まぁ、特別良いという訳でも無く悪いわけでも無く・・・
とにかくヒートシンクによる放熱が大きいので、ファンの回転数が抑えられ静かです。
3.8GHzにOCしてPrime95を走らせたところ70℃を超えちょっとして落ちました。
バリバリOCするぞっ!、という方には物足りないかもしれません。

今年中に、AtomとSSDを使ってファンレスPCでも組もうかなぁ~、と考えてます。サーバーにでもしようかな。
それとオンボのHD4200だとちょっと力不足になってきたので、HD5xxx台のグラボを購入予定。

1

こんばんは。GW初日ですね。
さてと、だいぶ先延ばしになりましたが、新マシンについてです。

  • Phenom II X4 965 Black Edition (3.4GHz)
  • DDR3-SDRAM (PC3-10600) 2GB x4
  • Intel SSD X25-V (40GB) / 1TB + 500GB 7200rpm HDD (HGST)
  • Windows 7 Professional x64

こんな感じです。グラボも付けようかと思ったのですが、金銭的な理由で。
なのでママンをASRock M3A785GXH/128Mにして、オンボのHD4200を利用。
デュアルディスプレイも対応で、ゲームもしないので十分です。
今回はAMDで組みましたがコスパは最高ですね。

この時代にして初めての物理マルチコアCPU(あ、PentiumDがあるか)ですが、超快適じゃん!
SSDもどんなもんかと思っていましたが、爆速ですねぇ!

 このCPUはOC耐性も高いようで、電圧盛らなくても3.8GHzぐらいいけそうです。
ただTDPが高いので冷却には気を配る必要があります。
「Cool'n'Quiet」という機能(Intelで言うEIST)が働いてアイドル時はクロック、電圧が下がるのでアイドル時はそれなりに冷えます。 
オンボVGAのOCも対応。
あまり意味はないかもしれないですが、定格400MHzのところを700MHzで動いてます。
一応ちっちゃいファン付けましたが、ファンレスでもいけそうです。

そういや、Phenom II X6発売ですか・・・
BIOS対応してるけど・・・ま、4コアでもまだ戦えるでしょ?