コンテンツへスキップ

ず~っと悩んでいたこの問題。

「DRMで保護されたメディアファイルの再生ができない。」

(ちなみにWindows Vista SP2/ 7 SP1 (32bit/64bit), WMP12 環境です。)

ググってみると分かるように、この問題には多くの人に発生しており、原因も多岐にわたる。
トラブルシューティングを行うのも大変であった。

ある程度、解決法の定石とされているのは、

である。これに関しては以下が詳しい。

Hebikuzure's Tech Memo: 「Windows Media Player で DRM 保護されたコンテンツを再生できない

もちろん、私も以上のことは試行してみたが、「セキュリティコンポーネントのアップグレード」がどうにもこうにもできないのだ。
Internet Explorer9において管理者権限で実行し以下の2つをアップグレードする。

  1. セキュリティ コンポーネント アップグレード(個別化)
    http://drmlicense.one.microsoft.com/Indivsite/ja/indivit.asp
  2. セキュリティ コンポーネント アップグレード(証明書失効リストの更新)
    http://drmlicense.one.microsoft.com/crlupdate/jpn/crlupdate.html

しかし、(1)のページではアップグレードボタンが無効化され押すことができない。
(2)ではボタンは有効だが、押しても以下のようなエラーが表示され更新が失敗。
 セキュリティコンポーネントアップグレード

もうどこをどういじっても更新することができず、半ばお手上げ状態だった。
半年ぐらい放置していたのだが、久々に重い腰を上げて調べてみると、ようやく原因がわかった。

Internet ExplorerがEMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)によって動作が阻害されていたようだ。
EMET Notifierで通知されなかったので、なかなか気づかなかったなぁ・・・

早速、EMETのアプリケーション登録から外してから再試行すると、無事アップグレードに成功。
EMETのEAF(Export Address Table Access Filtering)によるものみたいなので、このオプションを外せば大丈夫なはず。
ただ、保護レベルは低下するはずなので、アップグレードが終わったら 元に戻したほうがいいね。
しかしながら、このIE経由のWindows Mediaセキュリティ コンポーネント アップグレードもいい加減やめて欲しいよなぁ。
普通にMicrosoftダウンロードセンターとかでインストールパッケージとして提供してくれればいいのに…

でも、やっと原因がわかってスッキリ。
よくよく考えれば、この問題が発生したPCには全てEMETを導入していた・・・。 
なかなか稀なケースかもしれないが、一応ブログに書いておく。

[補足説明]
本件はEMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)というツールがインストールされた環境が対象です。
EMETをインストールしていないのであれば、この原因とは関係はありません。

 

一昨日16日に、本サイトを動かしているサーバー機を更新しました。
これに関しては、また後ほど詳しく書こうと思います。

また、16日~17日にかけて、サーバーの設定ミスによりアクセス不能となっておりました。
 わざわざ零細サイトにアクセスしようとしてくださった方、申し訳ありませんでした。
一応確認したつもりだったんですが・・・
いち早く異常を報告してくれたGoogleウェブマスターツールに感謝です。

4

持ち運び用のB5ノートPC「Dell Latitude D430」のメモリを増設しようとした。
このPCはオンボードで1GB搭載し、増設用メモリスロットは1つある。最大容量は合計2GBまで
DDR2 SODIMM なので大分、価格は落ちている。

価格.com - メモリ容量:1GB メモリー 製品一覧 価格の安い順 (DDR2 SDRAM,S.O.DIMM)

たまたま上海問屋でメモリカード類を買う用があったので、一緒に買うことに。
 で、買ったのは以下の商品。

【お一人様2個限定】【ノートパソコン用メモリー】 【相性保証付き】 上海問屋セレクト SODIMM DDR2 PC2-6400 1GB [メ03]

1,049円也。
DDR2 SODIMM PC2-6400 1GBで最安値のものだ。
覚悟はしていたが、これが間違いだった。。。

DDR2 SODIMM COSMO製メモリ
上の画像が、例のメモリです。COSMOとかいう台湾製らしいです。聞いたこと無いなー
とりあえず、ホイホイと増設してみる。

電源ON!・・・・BIOSすら立ち上がらん。
念のため差し直してみて、何度か電源On、Offを繰り返していると、やった、起動した。
 BIOSでもきちんと認識され1GB*2=2GB、Windows側からもOKだ。
接触不良だったのね、と安心していた。

しかーし、一度電源を落とすとまた同じ症状。
通電するもののBIOS画面までたどり着かない。POST中にエラーで止まっている感じ?
 でも十回に一回ぐらいは、
Invalid configuration information - please run SETUP program.
とか表示されるが、なぜか正常に起動するんだよね。
はじめはCMOSのバッテリが切れちゃったのかと思って交換したりしましたよ・・・
でも結局このメモリが原因ですた。
別のDDR2なノートPC「Inspiron 1501」でも似たような症状だった。

これではお手上げなので、上海問屋の相性保証とやらを利用してみるとする。
商品到着後2週間以内に連絡すれば、返品・返金(商品代金上限)に応じるとある。
千円の商品にしては手間の方が掛かる気がするけど、まぁいいか。
今日メール送信したので、明日には返事が来るでしょう。

今更ながら、+300円でTranscend製メモリを買えばよかったなぁと。
安物買いのなんちゃらってのはこのことで。
 とりあえず、まともなメモリを購入せねばと言うことで、今月末でDosparaのポイントが期限切れなのを思い出し、DosparaでTranscend製「JM800QSU-1G」を購入。

久々に、苦い相性問題に遭いました。
あー、あと、このノートPCの1.8inch HDDが激遅なのでSSDに換装したいところ。 
 とは言っても1.8inchでLIF端子なので、CF変換基板でしのぐか・・・
何か進展があればまた書きます。

こんばんは。本年初ののToday's Errorといきましょうか。

先日、メインPC(Windows 7 Pro x64)で利用していたUSB接続外付けFDDがお亡くなりになりました。
レガシーメディア、デバイスとは言え、時々使うのでジャンク箱より内蔵型FDDを掘り出して、取り付けることに。
早速取付し、起動してみるとアクセスランプが点きっぱなし。
あ、コネクタの逆刺しか・・・前にもやったことがあったな。切欠きとかないから間違えるんだよね、コレ。

で、ここからが本題。
FDをドライブに挿入し、エクスプローラよりフォーマットを実行した。
しかーし、「開始」を押した次の瞬間「エクスプローラは動作を停止しました」というエラーが表示される。
たまたまコケたのかと思って、何度も試してみるが、何度やっても同じ結果に。
ドライブかディスクが壊れてるのかと思ったが、エクスプローラごと落ちるのはおかしいと思いGoogle先生に聞いてみると・・・

Microsoft サポート
Windows 7 または Windows Vista で未フォーマットのフロッピー ディスクを Windows エクスプローラーからフォーマットするとフォーマットに失敗する場合がある

ドンピシャだ!
どうやらWindows Vista以降で発生るらしい。
ディスクのジオメトリ情報(トラック数とかセクタ数とか)を取得する際に、未フォーマットFDDだと正常に取得できず失敗するらしい。
回避策は簡単。
コマンドプロンプトよりformatコマンドを用いればよい。 おなじみの「format a:」でOK
こちらのフォーマットのロジックは昔と変わらないってことかな。
というか既知の不具合なら修正してよ・・・いきなり落ちてもビックリするだけ・・・

と言うことで一件落着。
まだまだフロッピーディスクにはお世話になりそうです。

今月19日にCOMODO Internet SecurityのVersion 5.9.219863.2196がリリースされていた。
そんでもってアップデートの通知が表示されてていて、アップデートを試みるものの、どうしたものかアップデートが失敗する。
以前のアップデートでも何度か同じような症状になったことがあった。
リリースノートフォーラムの情報によると、今回の更新内容はAntivirus関連のようだったので、今日までテキトーにスルーしていた。
が、どうも精神衛生上よろしくないので、どうにかアップデートさせることにした。(再インストールは面倒なので、最終手段)

取り敢えず、COMODOのメインウィンドウの「More(その他)」タブより「Check for Updates(アップデートの確認)」で「COMODO Firrewall - Updater」を起動させ、更新を試みる。
しかし、更新中にエラーが発生しただとか、何度やってもうまくいかない。

いろいろ試してみると、COMODO(cfp.exe)をタスクマネージャやタスクトレイなどから終了させ、COMODOをインストールしたフォルダにある「cfpupdat.exe」を管理者権限で実行させたら一発で成功した。
う~む、いったい何が原因なのだろう。
更新が通知されて、「更新しますか?」―「はい」「いいえ」的なところでUACが出てきて管理者権限に昇格しているはずなんだけどな。
あ、でも手動でアップデータで更新したときはUACダイアログは出てこなかったな・・・
やっぱcfp.exeが起動してるとだめなのかしらん、つーかそうだったらアップデート時に自動終了させるよな。

よくわからんが一件落着ってことで。
COMODO Firewallは機能も豊富で使いやすいんだが、こういうところの作り込が甘いんだよなぁ。
自分の環境が悪い可能性も否定できないから容易に批判は出来ないけどね。