NURO光の悪質な電話勧誘販売について

2016/12/11

So-net代理店を名乗るNURO光の電話勧誘販売があまりに悪質で、
今月かかってきたのが過去最悪の態度と対応でブチ切れたので書いておきます。

現在、我が家のインターネット・電話回線はauひかりを契約しています。
半年前ほどからNURO光の勧誘電話が立て続けにかかり始め、今までに電話を受けた代理店は5つを数えます。

代理店によりオペレータの対応は様々でしたが、総じて質が悪い、というか特定商取引法に明らかに抵触していると思われる勧誘ばかりでした。

  • 代理店名を名乗らない。(こちらから聞けば、まあ、答えてくれる。)
  • 「KDDI担当の~です。」のように、KDDI(au)関係者と誤認させるように名乗る場合もあった。
  • 「新しい回線が入り、モデムを交換すると安くなる」とだけ述べ、光回線サービスの勧誘販売であることを隠す。
  • とにかく「安い」「速い」「2ギガ」しか言わない(笑)
  • 「戸建て or 集合住宅か?」と尋ねてくるので答えると、最も高い標準プランの金額を提示して「今の契約だとこれだけ払ってるぞ」と言ってくる。実際はギガ得プランなどもっと安い契約をしているのが大半だろうし、NURO光の方が絶対に安いと誤認させてくる。
  • auスマートバリューの利用状況を聞いて、「じゃあ今の方が安いですね」と、きちんと教えてくれた代理店が一つあった。
  • 工事が要るんだか要らないんだかよく分からん説明。宅内・屋外工事を混同している感。
  • 技術的突っ込みには、トンチンカンな答えが返ってくるか、後ほど担当の者に聞けと言われる。
  • 契約する意思はないと言ったのに、再びかけてきたバカ代理店もあった。

末端のオペレータに何言っても無駄なので、代理店名や電話番号を聞き出し、総務省総合通信局や電気通信消費者相談センターに通報しましょう。情報提供用のWebフォームもあります。

また、本家So-netに連絡すれば、代理店による電話勧誘を停止する手続きも一応できます。

はぁ・・・行政指導されないのが不思議なレベルなんだよなぁ。