コンテンツへスキップ

以前に書いた ファイルサーバ移行 PRIMERGY TX1330 M2 ですが、HDD 4台では足りなくなってきました。新たに増設しようと思うのですが、オンボードのコントローラでは4台のSATAドライブしか接続できませんので、別途HBA(RAID)カードが必要です。

Fujitsu D2607(LSI SAS 9211-8i相当)というRAIDカードが1,000円前後で出回っていますので、こちらを使ってみることにします。ZFSで運用する上でハードウェアRAIDはむしろ邪魔になるので、RAID機能は使わず単なるHBAとして利用することを考えます。

Fujitsu D2607

いろいろ調べてみると、JBODモードで動かすことは可能なようですが、HDDの一部のモデルでは不具合があるようです。その対象であるTOSHIBA MD04は、まだいくらか手元に転がっているので、別の方法が必要です。

LSI のRAIDカードでJBODを有効にする - infla - Confluence

D2607と相当であるLSI SAS 9211-8iは、IT(Initiator Target)ファームウェアが提供されており、こちらに書き換えるという方法があります。ただ、D2607と全く同一のハードではありませんので、どうも一筋縄にはいきませんでした。

検索してみると先人の方々による情報が沢山見つかりまして、色々試してみた結果、以下のフォーラムに投稿されていた手順で成功しました。

Fujitsu D2607-8i - Crossflash to LSI 9211-8i

FreeDOSとEFI Shellを行き来する必要がありますが、TX1330 M2はデフォルトでUEFIモードに設定されていてFreeDOSをブートできないので、BIOSモードへ設定変更が必要です。(これに気がつくまでずっとハマってました)

Fujitsu: UEFI対応情報

上記資料p.21の記載に設定方法が記載されています。

BIOSセットアップメニュー: [Advanced] - [CSM Configuration]
- [Launch CSM]: "Enabled"
- [Boot option filter]: "UEFI and Legacy"
- [Launch PXE OpROM policy]: "Legacy only"
- [Launch Storage OpROM policy]: "Legacy only"
- [Other PCI device ROM priority]: "Legacy only"

ファームウェアの書き換えも終わったところで、次はHDDの増設です。

JusyMyShopで販売していた格安モデルは、3.5inch HDDを4台搭載できるドライブベイしかありません。そこで、ドライブベイだけ拝借してニコイチにすることを考えて、2つ購入していました。実際にやられている方もいます(以下ブログ記事)。

富士通 PRIMERGY TX1330M2 その9・SASバックプレーンをニコイチする

ただ、正直面倒くさくなってきたのと、HDDマウンタの入手の問題があるので、今回は5inchベイに搭載できるiStarUSAのケースを買ってきました。3つある5inchベイを遊ばせておくのも、もったいないので。

あとは、ガシャンと装着して完成です。