コンテンツへスキップ

PC-VL300HG1K」「PC-VW500KG」はともに2007年発売のモデルです。
ちょうどWindows Vista搭載機、またCore 2世代が普及し始めた頃ですね。
各メーカーがVistaのシステム要件に対して余裕がないモデルを連発したためにVistaの悪評が形成された時でもあります。

PC-VL300HG1K

これはまさにその良い例で、Pentium4 531(Prescott)にメモリ1GBでAeroがやっと動いているようなものです。
しかしまだましな方で、このモデルの下位の「PC-VL300HG」ではCeleron D 352という・・・。
でも、こっちはCedarMillなのは謎ですね。Pentium4もCedarMillだったら全然ましだったと思うのですが。
BIOSの対応は微妙ですが、チップセットはXpress 200なのでFSB1066MHzまでのCore  2には対応しているはずです。
一応サポートでBIOSの更新が公開されていたので、未適用ならばしておいたほうがいいでしょう。

PC-VW500KG

こちらは2007年の終わりの方なので、Core世代のラインナップになっています。
一体型ですが水冷搭載モデルでなかなかの優れものでした。メモリは1GBなので要増設です。
これは以前にジャンク品として数千円で入手したもので、かなり状態は良かったです。
以前にBSEL MODで2.4GHz化したやつです。(BSEL MOD Pentium Dual-Core E2160
チップセット的にはFSB1066MHzまでのCore 2なら動くでしょう。
動くか動かないかは別としてもCore 2 Quadは消費電力と発熱の関係で厳しいと思います。

今回は「PC-VW500KG」のCPUをCore 2 Duo E6600にします。
で、取り外したPentium Dual-Core E2160(BSEL MOD 2.4GHz)を「PC-VL300HG1K」に取り付けます。

非常に低価格で十分な性能のPCを確保できる今、こんなPCに手を入れるのは完全に趣味の範囲ですよね。

... "PC-VL300HG1K PC-VW500KG CPU換装" を続けて読む

久々のジャンク記事です。

さて、今回は一体型PCのHITACHI Prius One type S (型番:AW33S4T)です。
購入時の状態は通電不可。それ以外は詳細不明。
という、まさに典型的なジャンク品でございます。
しかし外見は綺麗で、17inch SXGAのディスプレイもなかなかです。

PC6009この手の一体型PCの場合は電源不良の可能性が非常に高く、電源交換すりゃいけるかな、と。実際に搭載されていた電源は「AcBel PC6009」という250W出力のものでした。(右写真)
やはり電源が故障しており、通電しませんでした。

100*100*85という独自の形状ですが、マザーボード側のピンアサインはATX12V電源と同じもの。
ジャンクなので本体からはみ出そうが、ケースをぶった切ろうが構わないのでATX電源を突っ込みましょう。

... "ジャンク 一体型 “HITACHI Prius One type S”" を続けて読む

昨日19日(日)に開催された「第2回 パソコン自作力検定(パ自検)」を受験して参りました。
今回は東京・大阪会場の2会場での開催で、私は東京会場(秋葉原コンベンションホール)にて受験。
受験者数は200人ほどらしい。
まずは感想を一言。

パソコン"自作力"検定ェ・・・

いや~、問題内容はごった煮で「広く深く」知らないと答えられないものが多かったですね。
(問題の再現は厳禁とのことなので詳しくは書けませんが…)
用語・規格系の問題が多かった印象。
最新パーツの問題だけでなく旧世代の問題もあったので、金が無くてジャンクばっかり漁ってる自分としてはちょっと嬉しかったり。
また、自作と言えどハードウェアだけではなくソフトウェア関係も出題されています。
ただ、「yum」が登場したのにはちょっと驚いたな。
RPM系Linux使ったことある人なら楽勝だけど、PCジサカーで知らない人がいてもおかしくはない。

基本問題も当然ありましたが、全体として難易度は高めです。
今まで自分がいかにGoogle先生に頼っていたか思い知らされました。
しかし、一般的な情報系の試験と比較して、楽しめる問題であったことは確かです。

どのくらい点数取れたでしょうかね。
4択なので分からない問題は消去法で結構イケたかも。

そういえば、早速ASCIIに早速記事が来てますね。

ASCII.jp : 目指せA級取得! 「第2回 パソコン自作力検定」が開催される

どうやら次回は規模を拡大して開催されるとのことなので暇だったらまた受けます。

帰りにジャンク目当てに徘徊してきましたが収穫はいまいち。
Sofmapのワゴンセールもゴミばっかりでした。
千石・秋月で修理用の部品を買って終わり。


[ 追記 ]
Impress WatchのAKIBA PC Hotline!にも記事が来た模様。

AKIBA PC Hotline! : 「パソコン自作力検定」に再び挑戦 第2回は「改造バカ」監修、ネタ色控えめで内容を洗練

改造バカこと高橋敏也氏が問題監修で会場にもいらっしゃったのだが、あまり興味ない(笑)
問題作成にあたり、かなり苦労したみたいです。お疲れさんです。

>「“懐かしのPC”に関する問題を多くするつもりだった」

してください。 最新パーツをごろごろ揃えるのもなかなかツライですし。
ジャンカーに優しい問題も作ってほしかったなあ。
いっそのことジャンクPC検定とかやるとしたら、どんな問題になるんだろうか…

>「クラウディア窓辺の母は何系米国人か」
> 「87CLOCKERSの作者は誰か」

あーありましたねー。一体どこが自作なんだ…

>「記憶に残っている範囲であれば、ブログなどに試験の感想として書くことは問題ない」

あら、そうなんでしたか。
でももう忘れちゃった(爆)