コンテンツへスキップ

[追記]

Web版で試せます。
https://babibubebo.org/dev/babibubebo_trans/


B翻訳2
ばびぶべぼ語(バビ語)の翻訳・変換ソフト「B翻訳2」を2年ぶりにリリースしました。

以前公開していたものとは別に、軽量化・高速化を図り、一から作り直しました。
変換アルゴリズムを一新して、数倍の速度向上となりました。
拗音など、捨て仮名の処理なんかも一応ちゃんとやったので、以前あった一部の誤翻訳は修正されたと思います。


久々に「ばびぶべぼ語」「バビ語」で検索してみると、Webで「ばびぶべぼ語(バビ語)」の変換サービスを提供しているサイトを発見。
JavaScriptで書かれているものだったので、ちょっとロジックをを拝見すると、以下のように。

  1. バビ語へ変換 | バビ語ったー
    一文字ずつ分解し、a, i, u, e, o母音の音ごとに条件分岐し、各々「ば」「び」「ぶ」「べ」「ぼ」を連結させて組み立てる。
  2. ばび語コンバーター (カタカナに変換版)
    「あ」→「あば」、「い」→「いび」のように、変換リストを参照し、単純に置換させる。

こんな感じでした。
単純と言えば単純で、どちらでもいいような気がしますが、二つともかなり誤変換があります。

(1)の場合ですと、文字列を単純に一文字ずつ分解するので、拗音、捨て仮名の処理が面倒です。
この「バビ語ったー」の場合、全く考慮されておらず、

拗音:「きゃ」→誤「きびゃば」(正「きゃば」)
促音:「っ」→ 誤「っぶ」(正「っ」)

と変換されてしまいます。
清音に関しては合格ラインですが、かなりの文章で誤変換が発生するでしょう。
加えて促音に関しては「ばびぶべぼ語」の法則を理解に誤りがあるようです。促音は変化しません。
この状態では、間違ったばびぶべぼ語・バビ語を流布してしまいかねません。

(2)では、全ての組み合わせを逐一置換するため速度の面で多少劣りますが、 しっかり変換リストを作成すれば正しく変換できます。
「 ばび語コンバーター」では、平仮名から片仮名への変換のみと制限することによって、面倒な処理を省いているようです。
なぜなら、平仮名から平仮名の「ばびぶべぼ語」へ変換すると、先に変換された「ば」「び」「ぶ」「べ」「ぼ」が、ば行を変換するときや、同様に拗音の場合等に重複して置換されてしまうからです。
置換の順序を考慮する必要が出てきますし、 色々厄介な処理が必要になります。
入力文章に制限が出て、多少読みづらくもなりますが、賢い方法と言えばそうでしょう。
しかしながら、この  「 ばび語コンバーター」は変換リストが網羅していないものがあるため、捨て仮名の処理が完全ではありません。
開拗音に関してはリストされているので正常な変換が行えますので、正しい日本語を変換する分には合格ラインかなと。
しかし、会話文や砕けた表現、捨て仮名(小文字)が乱用されている場合に支障が出そうです。

例:「きゃぁぁぁぁぁ!へんたいぃぃぃっ!」 →誤「キャバァバァバァバァバァバ!ヘベンタバイビィビィビィビッブ!」

最後の「ッブ!」がいいアクセントに(爆)・・・

正しくは「きゃぁぁぁぁぁば!へべんぶたばいぃぃぃびっ!」だと思います。
あと、(1)と同様に促音の処理と、 撥音「ん」が変換されません。

拙作は平仮名・片仮名混合可能で、相互変換できますので興味がございましたら是非遊んでみてください。

今月19日にCOMODO Internet SecurityのVersion 5.9.219863.2196がリリースされていた。
そんでもってアップデートの通知が表示されてていて、アップデートを試みるものの、どうしたものかアップデートが失敗する。
以前のアップデートでも何度か同じような症状になったことがあった。
リリースノートフォーラムの情報によると、今回の更新内容はAntivirus関連のようだったので、今日までテキトーにスルーしていた。
が、どうも精神衛生上よろしくないので、どうにかアップデートさせることにした。(再インストールは面倒なので、最終手段)

取り敢えず、COMODOのメインウィンドウの「More(その他)」タブより「Check for Updates(アップデートの確認)」で「COMODO Firrewall - Updater」を起動させ、更新を試みる。
しかし、更新中にエラーが発生しただとか、何度やってもうまくいかない。

いろいろ試してみると、COMODO(cfp.exe)をタスクマネージャやタスクトレイなどから終了させ、COMODOをインストールしたフォルダにある「cfpupdat.exe」を管理者権限で実行させたら一発で成功した。
う~む、いったい何が原因なのだろう。
更新が通知されて、「更新しますか?」―「はい」「いいえ」的なところでUACが出てきて管理者権限に昇格しているはずなんだけどな。
あ、でも手動でアップデータで更新したときはUACダイアログは出てこなかったな・・・
やっぱcfp.exeが起動してるとだめなのかしらん、つーかそうだったらアップデート時に自動終了させるよな。

よくわからんが一件落着ってことで。
COMODO Firewallは機能も豊富で使いやすいんだが、こういうところの作り込が甘いんだよなぁ。
自分の環境が悪い可能性も否定できないから容易に批判は出来ないけどね。

こんばんは。
今月は最低5回更新という約束(?)をしたので、ちょこっと書きますね。

BitDefender

さて、BitDefenderとはルーマニアのSOFTWINが開発しているセキュリティ対策ソフトウェアです。
日本ではコマンドライン版(WIndows / Linux)のマルウェアスキャナとして利用している方もい多いかと思います。
デスクトップ向けのセキュリティ対策ソフトとして、日本での利用者は少ないようですね。
ただ、BitDefenderとは知らなくてもOEMで提供されているBitDefenderエンジンが搭載されている製品を利用している方は多いはず。
そうしたこともあり、BitDefenderは世界的にも有名というか広く利用されているので、検体収集能力は高いといえるでしょう。
したがって、シグネチャベースの検出能力も期待できます。
また、B-HaveやAVC(Active Virus Control)といった、ヒューリスティック、ビヘイビアブロッキングという機能があり未知のマルウェアに対する能力も評価できるでしょう。
そうした理由で私は利用しています。
BitDefenderを薦めているわけではありませんが、多くの製品がある中で一つの参考になればと思います。

前置きが長くなりましたが、本題へ。
先月ですね、BitDefender 2011 日本語版がやっと公開されたんです。
本家 英語版では昨年の夏にはすでに2011が公開されていたのに、仕事が遅すぎますわ。
んで、先日2011にアップデートした後の話です。

Media Player Classic - Home Cinema x64(XvidVideo.RU版)を起動しようと思ったら、起動しない。
いや、タスクマネージャを見てみるとプロセスは見えるんだが、数秒グルグルしたあと落ちてしまう。
(いろいろ試した中では、Skypeも同症状)
なかなか原因がわからなかったので、Process Monitorで観察してみると、BitDefenderのAVC関連がごにょごにょした後に必ず落ちる!
てなことで、AVCが原因かもってんで設定を見直すことに。 (IDSという検知システムもありますが、こちらは問題ないみたい)

BitDefender AVC

こんな感じで4段階のレベルがあります。
試してみた結果、どのレベルでも落ちるみたい。
ってことで例外に追加。

BitDefender AVC 例外設定

右上の「+」でファイル選択すればよろし。
う~ん、AVCって意外と誤検出も多いのね。
いや、誤検出というか、検出だったら何らかの警告が表示されるはずなので不具合かも。
何にも表示されず特定のソフトウェアが正常起動しないもんだから、ここまでたどり着くのに苦労したぜ・・・

さてと、今日はソフトレビューです。
ウェブブラウザに次いでよく使うソフトと言えば、メールクライアントソフト(所謂メーラー)ですよね。
今まではMicrosoft Office Outlookを使い続けていたのですが、アカウントが大量になり、かつメールの数も膨大になってきたため処理の遅さにいらだちを感じることが多くなりました。
それに迷惑メールフィルタもそれほど優秀じゃないし。
てなことで乗り換えを検討。

まず候補に挙がったのは「Mozilla Thunderbird
開発元がMozillaのOSSだし割と知られている。学習型迷惑メールフィルタもそれなりに優秀らしい。
使用してみるのは初めてだったのだが、う~ん、なんか遅いし、UIがあまり好みじゃないね。
却下!

お次は、「Windows Liveメール
以前、HotmailがPOP3に対応していない頃、利用したことがある。(Ver.2008時代かな)
2011になってからどのように変わったのか…
ま、基本的機能は変わらないね。
クイックビューで未開封メールを一括してチェックできるのは便利。 カレンダーもあるし。
ただ動作が少々重め、GUIに力入れすぎだろw
却下っ!

次は「Becky! Internet Mail
ほうほう、国産ね。シェアウェアで4,200円ですか、ほ~。
結構いい感じ。割とキビキビ動くし。
だが、しかし、う~ん、これで4,200円ねぇ、う~ん。
保留!

次は「Shuriken 2010
こちらも国産、JUST SYSTEMS。一太郎とかATOK、Kasperskyの代理店で有名なとこ。
独自のHTMLレンダリングエンジンや日本語なんとか解析エンジンが優秀らしい。
流石、定評はあるみたいね。
使用してみると、結構多機能、詳細まで設定が行える。ヘッダも編集できるし。
沢山設定項目があるだけあって、慣れないと大変だけどね。
でも設定画面の無機質なツリー表示でカテゴリ分け、右に設定項目のリスト。
操作しづらいったらありゃしない、改良の余地あり。
あとカレンダー機能がないのは残念。TODOはあるのにね。

でも最終的にはこのShuriken 2010に決まりました。
何故なら、
・独自のHTMLレンダリングエンジン搭載なので、Trident系エンジンなどの脆弱性を突く攻撃を防げる。
・Liveメールのクイックビューに代わる「フォルダウォッチ」がある。
・メールデータの引き継ぎが簡単
・驚くほどにキビキビ動く。起動がめっちゃ速い。
・最近、助兵衛な迷惑メールが急増していて目に毒なので、強力なフィルタが必要
以上のような理由で購入を決めました。

パッケージ版でもAmazonで3,696円とお安く手に入ったので良かったです。

暫く利用していますが、操作にも慣れ、良い使い勝手です。
日常良く使うソフトの乗り換えは結構慎重になりますからね。
メーラーといえどもお金を出してみる価値は十分ありそうです。

最後に動画をひとつ紹介。

初音ミクさんの「金の聖夜霜雪に朽ちて」のNSF Ver.を見つけました。
要はファミコン音源版と言うことですね。実機再生とのことです。
しかし忠実に再現されていますね~、この音、原曲とは違ったいい味出してますね。
「VOCALOID2 初音ミク」という音声合成の最新技術と、懐かしき音源とのギャップがたまりませんな。

では、この辺で。