ハードウェア

Aironetで使える安いPoEインジェクタを探す

2017/4/15

Aironet 1040の中古がお手頃価格で手に入ったので自宅に設置することに。
ただ、本体のみだったので電源をどうするかが問題です。
中古やらジャンク、非純正のACアダプタでも48Vはなかなか見つからないことが分かったので、せっかくならPoE給電にしようと思った訳です。

PoE給電スイッチは高いものばかりなのでPoEインジェクタを探したのですが、それでもELECOMやBUFFALOあたりが出している製品だと7, 8千円ぐらいすることが判明。
Amazonで低価格のものを探してみると、以下のような製品があるようです。802.3af準拠を謳っているものもあればそうでないものも。ACアダプタが別となっているものは、結局48VのACアダプタを探さねばならないのでダメですね。

AliExpressでも探してみると、似たような製品がゴロゴロあります。送料無料で比較的売れてそうな以下の2つを購入してみました。

TREEYE POE injector Ethernet CCTV Power Adapter 15.4W,POE pin4/5(+),7/8(-) Compatible with IEEE802.3af for IP camera IP Phones

56V35W Gigabit Power over Ethernet Injector Passive PoE Adapter for 802.3af/at Devices,(No Power cord)

一つ目は100BASE-T・802.3af、2つ目は1000BASE-T・802.3af/802.3atという点が主な違いです。

例によって2, 3週間で届き、早速使ってみましたが、特に問題なくAironetに給電できました。

プラグと一体型の1つ目の製品はコンセント周りで邪魔になりがちなので、Gigabit対応の点も含めて2つ目のが良さげです。また複数個設置する場合に、横に連結できるような構造にもなっています。

一応PoE規格があるとはいえ、いい加減なものも多いらしいので失敗覚悟でしたが、とりあえず使えるものが見つかり良かったです。

ARROWS NX F-05F 再起動ループ

2016/4/22

1年半ほど前に白ロムで購入したARROWS NX F-05Fが再起動ループに陥り使い物にならなくなりました。

先週ぐらいから、カメラ撮影をしていると突然リブートしてしまう症状が発生。
それから日に日に負荷のかかる処理をすると、リブートが発生する頻度が高くなってきました。

終いには、一度リブートが始まるとAndroidロゴが表示された後に再びリブートしてしまい、いわゆる再起動ループに陥ってしまいました。USBより給電している状態であれば正常に起動できることが分かり、恐らく原因は電源系統にあると推測できます。
(PCのUSB端子など電圧が安定していないと再起動ループから復帰できないこともある。)
正常に起動した後、給電を止めると再びリブートしてしまうことから、バッテリーが劣化しており、負荷がかかると急激に電圧が低下し、リセットがかかるというところでしょう。

同様の症状は、ググってみると各所で報告が上がっていますね。
例によってバッテリーパックが取り外せない機種なので、有償で修理に出すことになります。
docomoのサポート情報によれば6,400円でバッテリー交換を行っているようです。

うーん、1年半でこのような状態になったことに多少の不満はありますが、修理に出すほどの愛着もない・・・。
新たな端末を購入することにします。 Read more…

DELL XPS 13 9343 無線LANカード換装

2015/12/13

半年ほど前にXPS 13(9343)を購入したのですが、評判の通りとても良いマシンで気に入っています。
やっぱりある程度金出さないとダメなんだなあと思いました。
Skylakeが搭載された新しいモデル(9350)も販売されているらしいですね。

さて、今回は内蔵の無線LANカード(DELL  DW1560)をIntel Dual Band Wireless-AC 7265へ換装するお話です。
なぜ換装したかといえば、このPCにはFedoraをインストールして使っているのですが、どうもWiFI接続が不安定なのです。DELL DW1560の中身はBroadcom BCM94352Zなのですが、b43ではサポートされておらず、broadcom-wlを導入する必要があります。

当初は問題なく動作していると思いきや、度々全く接続できなくなったり、特定のAPに接続できなかったり、Bluetoothが動作しないなどの症状が出ていました。
有線LANが使えないので、WiFiが不安定なのは致命傷です。

Arch Linux WikiのDell XPS 13 (2015)ページを見ても、メインラインカーネルでサポートされているIntel 7265に換装した方が幸せになれそうということが分かります。
早速どこで買おうかと色々検索したのですが、国内よりAmazon.comの方が安いことが分かり日本円にして3,330円で購入できました。Amazon.co.jpにも3,000円前後のものがありますが、それはWireless-Nで802.11 acに対応していないモデルなので要注意です(偽物もあるかも)。

Amazon.com: Intel 7265NGW Dual Band 2×2 Wireless AC + Bluetooth 4.0 M2 Interface Also Supports 802.11 AC-B/G/N

注文から10日ほどで到着しました。それでは換装作業です。
例によってサービスマニュアルに分解から換装まで丁寧に記載されているので、それほど困りませんね。

Dell 製品サポート: XPS 13 9343 サービスマニュアル PDF (8748 KB)

p.12~の通り、裏面のベースカバーさえ外せてしまえば、あとは簡単です。
とは言いつつも、ネジを全て外した後、カバーのツメが非常に外しづらく、無理に力を入れれば折れます。(数カ所折れてしまいました・・・)
アルミ削り出しの筐体であの薄さですから、遊びも少なく少し歪ませることもできません。
図中にもありますが、ヒンジの側から何か差し込んで少しずつ外していく必要があります。
私はステンレス直定規でこじ開けつつ竹串を挟んで作業しましたが、プラスティック製のスクレーパーがあったほうが良いと思います。

XPS13_1

写真中央にあるのがSSDで、右上に「WLAN」と書かれているのが無線LANカードです。
ちゃちゃっと交換して、カバーを戻して、起動。

無事認識して、正常に動作していました!
以前あったような症状も一切なくなり、快適そのものです。
数千円のお金と多少の時間をかけてでも、やる価値はありますね。

メインPCを更新 AMDからIntelへ…

2014/3/5

先月に自宅のメインPCを更新しました。4年ぶりです。(前回のメインPC更新の記事はこちら

かれこれAMDにお世話になってきましたが、コンシューマ向けx86系CPUはAPUに統合されたことや、
昨今の製品ラインナップを見ると・・・
それに電気料金の値上がりで、電力対性能も重視したいですし・・・
Broadwell待ちの方も多いと思いますが、増税前にと思ってHaswell買っちゃいました。

てなことで、構成は以下の通り。

CPUとM/B、SSD以外はだいたい流用です。
DosparaでCPUとM/Bセット購入で値引きしてたので、32,000円弱で購入しました。

以前のWindows7がインストールされたSSDを接続し起動すると、普通に立ち上がりましたが、
内臓のIntel HD Graphicsが動作しないという問題が発生しました。
しばらく苦戦していましたが、下記ブログ記事をみて原因が判明しました。

なんとかする予定: AMDの罠

一応解決したわけですが、せっかくなのでこれを機にWindows8.1へアップグレードしました。
8 Proの発売記念優待版を4,000円弱で買っておいて良かったです。

Read more…

HD4200 + HD6450 Surround View環境構築

2013/11/14

メインPCはFull-HD * 2のデュアルディスプレイ環境なのですが、近々トリプルにしようと考えています。
というのも2画面はポートレートで、残る一つはランドスケープというのが作業上効率がいい気がします。
コーディングや、Webページ、PDF等ドキュメントは縦に長い方が便利。

今はオンボードVGAの「HD4200」を使用しており、これだけだと2画面しか同時出力できません。
なので、別途HD6000系のローエンド「HD6450」を導入することにしました。
ゲームをする訳でもないので、ファンレス・低消費電力の方が重要です。
今回は以下の「SAPPHIRE HD6450」を購入。3,470円。安い。

一枚で3画面同時出力できるものもあるのですが、今回はコスト優先のためSurround View機能を利用して同時使用するということです。

Read more…