コンテンツへスキップ

PC-VL300HG1K」「PC-VW500KG」はともに2007年発売のモデルです。
ちょうどWindows Vista搭載機、またCore 2世代が普及し始めた頃ですね。
各メーカーがVistaのシステム要件に対して余裕がないモデルを連発したためにVistaの悪評が形成された時でもあります。

PC-VL300HG1K

これはまさにその良い例で、Pentium4 531(Prescott)にメモリ1GBでAeroがやっと動いているようなものです。
しかしまだましな方で、このモデルの下位の「PC-VL300HG」ではCeleron D 352という・・・。
でも、こっちはCedarMillなのは謎ですね。Pentium4もCedarMillだったら全然ましだったと思うのですが。
BIOSの対応は微妙ですが、チップセットはXpress 200なのでFSB1066MHzまでのCore  2には対応しているはずです。
一応サポートでBIOSの更新が公開されていたので、未適用ならばしておいたほうがいいでしょう。

PC-VW500KG

こちらは2007年の終わりの方なので、Core世代のラインナップになっています。
一体型ですが水冷搭載モデルでなかなかの優れものでした。メモリは1GBなので要増設です。
これは以前にジャンク品として数千円で入手したもので、かなり状態は良かったです。
以前にBSEL MODで2.4GHz化したやつです。(BSEL MOD Pentium Dual-Core E2160
チップセット的にはFSB1066MHzまでのCore 2なら動くでしょう。
動くか動かないかは別としてもCore 2 Quadは消費電力と発熱の関係で厳しいと思います。

今回は「PC-VW500KG」のCPUをCore 2 Duo E6600にします。
で、取り外したPentium Dual-Core E2160(BSEL MOD 2.4GHz)を「PC-VL300HG1K」に取り付けます。

非常に低価格で十分な性能のPCを確保できる今、こんなPCに手を入れるのは完全に趣味の範囲ですよね。

... "PC-VL300HG1K PC-VW500KG CPU換装" を続けて読む

久々の投稿です。
今更感が半端ないですが、BSEL MODの記事です。

今回対象のCPUは「Pentium Dual-Core E2160」です。
ベースクロックが200MHz、FSB800MHz、動作クロック1.8GHzというものです。

搭載するPCは当然BIOSでオーバークロックが不可能であるNEC製「VW500/K」です。
これもジャンクで数千円で入手したのですが、地味に水冷だったりします。

さて、BSEL MODにてベースクロックを200MHzから266MHzへ引き上げ、動作クロックは2.4GHzにしてみます。
この差を体感できるか微妙ですが、多少モッサリ感が軽くなればという希望的観測です。
単にBSEL MODを試してみたかったということもありますが。

まずは資料集め、といってもOverclockersのサイトのまとめで事足ります。

Overclockers.com: Intel LGA775 Pad Modding

Pentium Dual-Core E2000シリーズのデータシートも念のため

Intel: Intel® Pentium® Desktop Processor E2000 Series: Datasheet

これらによれば、266MHzにするには、BSEL1ピンをLowに落とす、つまりVSSと繋いでやればいいみたい。
これを間違えると最悪CPUやマザーボードを壊すのでよくピンを確認しましょう。
そして、アルミテープなどをうまい具合にコの字に切り取って、以下のように接続。

E2160 BSEL MOD

そして、いよいよ装着&起動。
すると何事も無く正常に起動し、以下のようにオーバークロックもバッチリ。
E2160 Clock

一日つけっぱなしにしていても特に問題はなさそうでした。(本当は負荷テストなどもやるべきですが)
ソフトウェア起動やブラウジング時などのつっかかる感じが若干軽減されたような・・・気がします。
ひとまずこれで常用できそうです。

2

安く手に入ったので、自宅サーバーのCPUを以前のCeleron 430からPentium Dual-Core E2160 (Stepping: M-0)へ換装。
このような零細ブログ・サイト程度ではCeleronでも十分だったのですが、マルチコアにしたかった・・・だけです。
TDP 35Wから65Wへの増大は痛いですが、L2 Chacheが2倍の1Mと、Single-CoreからDual-Coreでどの程度恩恵が受けられるか。

まずはサクッと換装。正常に認識。

$ cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 15
model name      : Intel(R) Pentium(R) Dual  CPU  E2160  @ 1.80GHz
stepping        : 13
cpu MHz         : 1800.000
cache size      : 1024 KB
physical id     : 0
siblings        : 2
core id         : 0
cpu cores       : 2
apicid          : 0
initial apicid  : 0
fdiv_bug        : no
hlt_bug         : no
f00f_bug        : no
coma_bug        : no
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 10
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm lahf_lm dts
bogomips        : 3591.03
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 36 bits physical, 48 bits virtual

さて、性能向上はいかほど。
Apache Bench(ab)で測定し、結果を比較。対象はこのブログのトップページ。

... "サーバー機 CPU交換 Pentium Dual-Core E2160" を続けて読む