コンテンツへスキップ

1

HostMyBytesで今年の6月頃に追加されたSSD VPSプランについて、半年ぐらい順調に動いているのでまとめておきます。

ロケーションはLos AngelsとNew Yorkがあり、例によってColoCrossingのDCです。私はLAのメモリ6GBプラン $39/year を契約してみました。

Test results for SSD VPS 6GB VPS Special at hostmybytes.com

Server specs:

4 × Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1240 V2 @ 3.40GHz
6 GB RAM / 42 GB disk space
Centos 7.5.1804 Core

Benchmark results summary:

UnixBench - 1607.8
Disk Read - 2135 MB/s
Disk Write - 794 MB/s
Bandwidth - 522.60 MB/s

More: https://serverscope.io/trials/3qEd

ベンチマークを実行してみると、パフォーマンスはかなり良好です。CPUが若干弱いですが、SSDなだけあってI/Oが高速なので、多少詰め込まれてもlsコマンドの実行に数十秒待たされるような状況は発生しにくいかと思われます。まぁ、激しい隣人が居るとどうにもならないかもしれませんが・・・。

半年ほど使っていますが何時間も続くようなダウンタイムは今のところありません。

現在このVPSではMastodonのお一人様インスタンスを運用していて、比較的快適に使えています(OpenVZ6なのでnon-Dockerです)。リレーに参加して接続数は計1,000以上ありますが、特にチューニングもせずに動かしていても常時3GBほどのメモリ消費で安定して動いているようです。メディアのストレージ用には、 $11/year のHDDプランを契約してminioを運用しています。

他にユーザが居ないので多少不安定であろうとも、気にせずお気楽に運用できるのが良いですね。比較的高いスペックを要求するMastodonですが、年間$50ほどで動かせれば万々歳ではないでしょうか。一人用で動かす分には、わざわざ国内にサーバが必要であるほどレイテンシが気になるサービスでもないでしょうし、安定性を多少犠牲にすれば格安海外VPSの良い活用法だと思っています。

今回はHostMyBytesのVPSです。ここも低価格帯のホスティング業者としてよく出てくる名前の一つですね。
半年ほど使ってみたのでざっくり感想をまとめてみました。

現在は以下のスペックのVPSを利用しています。
4GB VPS Special: OpenVZ / 4 vCPU cores / 4GB RAM / 100GB HDD / 5TB Transfer

Holiday Specialsのセールであれば、年契約で$30という驚異の安さです。
KVMでも2GB RAMで$45/yなのでかなり安いです。
VPS Resource Poolというリソース単位で購入し、その範囲内でVPSインスタンスを立てられるプランもありますが、使ったことはないです。

ロケーションは、カナダ(Montreal)、アメリカ(Miami, Los Angels, Chicago)、フランス(Strasbourg)があります。レイテンシを考えればLosですね。tracerouteを見る限りではQuadraNetのDCかな。カナダ、フランスはOVH。 ... "HostMyBytes OpenVZ 格安VPS" を続けて読む

また、海外VPSの話です。今回はVirMachのVPSです。

私が使っている限りこの価格帯としては使える部類だと思われます。AUPはリソースの使用率が厳しいように見えますが、具体的な数字が表示されている方が、明確な基準もわからずサスペンドされるより十分親切だと思います。

しかし、最近、新たに注文しようとしたら「てめえの国は危ねえから身分証明書見せろや」と言われるようになってしまいました。Bitcoin支払いなら身分証の提示は不要だそうですが、Bitcoinで積極的に支払おうとする人の方がリスク高い気のでは…。

1,2ヶ月前にCloud Storageプランの提供が始まり、1TBで$7/m (年払いなら$70/y)という大変魅力的な価格です。すぐに在庫切れになるくらいには売れているようです。同価格帯ではTime4VPS Storage VPSが挙げられますが、場所がリトアニアでネットワーク的に遠いのでちょっと…という方にはおすすめかもしれません。 ... "VirMach 格安VPS" を続けて読む

9

(アクセス解析によるとマイニング目的で当記事を閲覧される方が多いようなので・・・)
AlphaRacksのVPS上でのマイニング行為はAcceptable Use Policyに違反します。止めましょう。


また海外の格安VPSの話題です。今回はAlphaRacksのVPS。

ここは頻繁にセールをやっているのであまり目新しさはないですが、ブラックフライデーでlowendboxに$7/年のプランがポストされていたのでこれを購入しました。

[BLACK FRIDAY DEAL] AlphaRacks – 1GB OpenVZ – $7/year!

1GB RAM
20GB RAID10 Protected Disk Space
1500GB transfer
100Mbps uplink
1x IPv4
20x IPv6 (free on request)
DDoS Protection powered by QuadraNet Vest
OpenVZ / SolusVM
$7/year

OpenVZでvSwapもないためメモリは2GBは欲しいですね。
$5/yearで1GB追加できるaddonを購入し、計$12/yearでした。
addonは自分でサポートチケットを開かないと適用されないのが少し面倒でした。

... "AlphaRacks 格安VPSを使ってみる" を続けて読む

1

このブログやお遊びWebサービスは、メモリ2GBぐらいのプランを1台契約して突っ込んでいたのですが、コストが年間1万円オーバーなので、節約のために格安のServersman@VPS Entryプラン(メモリ1GB)に移行してみました。しかし、データベースをごりごり使うアプリを動かすと、やはりメモリ1GBでは厳しいことが分かりました。そこでスペックと安さを両立させるために、国内にこだわらず、海外の格安VPSを契約してみました。

ベンチマークを交えて、これまで使っていたVPSについて比較・考察したいと思います。

... "低価格VPS比較 ~ OVH VPS SSD1プランを試す" を続けて読む