コンテンツへスキップ

Pleromaインスタンス social.metadata.moe を立てました。

以前にMastodonを立てていたのですが、運用していたVPSのプロバイダが消滅してしまい(=> HostMyBytes SSD VPS 6GB VPS Special )、そのまま放置した状態でした。

やっぱりFediverseとの繋がりがほしいなぁ、という想いがあり、再度お一人様インスタンスを立て直してみました。

お一人様インスタンスとして、Mastodonは少々リッチすぎるなぁと感じてはいたので、今回は軽量だと評判のPleromaを採用しました。

サーバの用意

とにかく安さが最優先です。AWS、Azure、GCPなんて無かった。

が、以前のMastodonで運用していた$39/yearという激安すぎるクソVPSのように、また倒産しては困るので、もう少しまともなプロバイダを。

UltraVPS.euのCloud Special-2プラン (Los Angeles)

  • 2 CPU cores / 2GB RAM / 50GB SSD / 1TB Bandwidth

お一人様用では十二分のスペックですが、これで40€/yearです。ブラックフライデーでは、例年だとさらに20% OFFになるはずなので、おすすめです。

RTTは120msほどありますが、普通に使う分には困ることはないでしょう。

mediaproxyを有効にしたり、画像・動画をバンバン上げるようならば、ストレージを別途考える必要があります。同じUltraVPS.euのストレージプランでminioとか立てるのがコスパ最高だと思います。

インストール

以下のリポジトリを参考にして、Dockerで簡単に立てられました。
READMEに書いてある通りです。

GitHub: angristan/docker-pleroma

ただ、ちょっとカスタマイズするときに色々不便なので、uploadsディレクトリに加えて、staticディレクトリとかconfigファイルをマウントしておくと良いかもしれません。

    volumes:
      - ./uploads:/pleroma/uploads
      - ./static:/pleroma/instance/static
      - ./config/secret.exs:/pleroma/config/prod.secret.exs

staticディレクトリの内容については以下を参照。同じディレクトリ名が繰り返し出てくるのでややこしい。

Pleroma Documentation: Configuration - Static Directory

参考

みんなどんな風に立ててるのかなー、と気になりまして、参照したサイトです。

本ブログの初投稿は2009年9月7日でして、今月で丸10年が経過したことになります。特に何かあるわけではないのですが、まぁ一つの節目ということで。

このブログは月に1回くらいの更新頻度だったので、記事数としては大した数はないです。とはいえ、自分の性格だと毎週更新みたいにノルマを課してもモチベーションが保てずすぐ止めていたと思うので、書こうと思ったときに備忘録的に書くくらいのお気持ちでやってきたのが良かったと思っています。

SNSが台頭してから個人サイト/ブログはあっという間に廃れてしまいましたが、他者との交流を前提とした情報発信は、私は正直プレッシャーを感じますし、見たくないものも目に入ってきてしまうのが非常にストレスです。そういう意味では、情報を自治できる個人サイト/ブログは自分の性にあった空間です。運用のコストはSNSに比べればかかりますが、それも含めて趣味としてやってこれたのも良かったかなと。

記念にGoogle Analyticsでこれまでのアクセス統計を見てみると(導入したのが2010年2月)、UU数はざっとこんな感じでした。思い当たる理由はありませんが、2013~2015年が盛り上がっていて、ここ最近は月間1,200くらいで推移しています。キャッチーな記事を書くわけでもなければ、弱小個人ブログはこんなもんじゃないですかねぇ。

しかし古い記事はとても恥ずかしくて読めたもんじゃないですね。見てしまうと消したくなってしまうと思うので、触れずに放置しておきましょう。千年くらい経ったら、きっと文化人類学かなんかの研究資料になっていることでしょう。


「これからも頑張って続けよう!」という気もないのですが、ダラダラと続けていければいいかなと。

それではまた10年後に。

anyNodeというプロバイダの格安リソースプールを試してみました。

LowEndTalk: anyNode.net - Resource Pools from $12/yr in 3 locations

1Core CPU, 1GB, 20GB SSD, 1TB BW, 1 IPv4あたり$12/yearという激安価格。仮想化方式はOpenVZですが、今年11月にEOLを迎える6系ではなく7系です。

場所はMiami / Seatle / Las Vegasとありますが、現在はLas Vegas以外空きがなく利用できない状態でした。(どのノードにも空きがなくて、VMが新規作成できない状態も一時期ありました…)
複数VMを建ててみても全部同じノードに乗ってるようなので、なんだかなぁ(加藤恵さん風)という感じでございます。

以下、nench.shの結果を貼っておきます。

-------------------------------------------------
 nench.sh v2019.07.20 -- https://git.io/nench.sh
 benchmark timestamp:    2019-08-18 15:43:24 UTC
-------------------------------------------------

Processor:    Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v2 @ 2.60GHz
CPU cores:    4
Frequency:    2999.902 MHz
RAM:          2.0Gi
Swap:         -
Kernel:       Linux 4.9.0 x86_64

Disks:
ploop27975     40G  HDD

CPU: SHA256-hashing 500 MB
    6.396 seconds
CPU: bzip2-compressing 500 MB
    7.920 seconds
CPU: AES-encrypting 500 MB
    2.568 seconds

ioping: seek rate
    min/avg/max/mdev = 119.2 us / 290.1 us / 33.7 ms / 587.4 us
ioping: sequential read speed
    generated 2.83 k requests in 5.00 s, 707.8 MiB, 566 iops, 141.5 MiB/s

dd: sequential write speed
    1st run:    456.81 MiB/s
    2nd run:    621.80 MiB/s
    3rd run:    642.78 MiB/s
    average:    573.79 MiB/s

IPv4 speedtests
    your IPv4:    66.23.193.xxxx

    Cachefly CDN:         78.19 MiB/s
    Leaseweb (NL):        1.77 MiB/s
    Softlayer DAL (US):   16.96 MiB/s
    Online.net (FR):      1.80 MiB/s
    OVH BHS (CA):         3.81 MiB/s

ちょっとネットワークがいまいちで、パケロスが結構発生するのが厳しいです。(DC内というよりは、途中の経路が悪い感じですが)

パフォーマンス的には使えないことはないので、OpenVZ7でDockerも一応動くし、うまいこと使っていこうと思っています。

ただ、Dockerをインストールして普通に動かそうとすると、以下のようなエラーで動きません。

dockerd[16467]: failed to start daemon: Error initializing network controller: error obtaining controller instance: failed to create NAT chain DOCKER: iptables failed: iptables --wait -t nat -N DOCKER: iptables v1.8.2 (legacy): can't initialize iptables table `nat': Table does not exist (do you need to insmod?)

(OpenVZ)コンテナ内でiptable_natモジュールが使えないように設定されているみたいなんですが、これはサポートに依頼すれば変更してくれるのでしょうかね。anyNodeのDiscordでみんなカジュアルにやりとりしてるので、近いうち聞いてみるかな。

とりあえず、dockerdの起動オプションに--iptables=falseを付けておけば動くことは動きます。

コミックマーケット96(C96)も無事終了いたしました。お疲れさまでした。

今回はコミケ史上初の4日間開催、リストバンドの導入、展示棟の使い方も大きく変更されるなど、イレギュラーな回となりました。大変暑い日が続いていましたが、サークル参加で配置された南展示棟は空調の効きがよく、大変快適でした。

さて…、今回は新刊AniMetadata Vol.3を落としてしまい大変申し訳ありませんでした。当日早朝まで粘っていたのですが、断念いたしました。

当日は、ギリギリまで準備号と称した小冊子を刷っていて、サークル入場締切(9:00)の3分前ぐらいに滑り込みでした。やむを得ず大井町駅からタクシーで向かったのですが、道も混雑せず20分弱で到着できたので、この判断は正解でした。

ブースに到着次第バタバタと設営をして、10:00開場です。
テーブルクロスを忘れてしまい、みっともない設営になってしまいました…。

C

お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

AniMetadata Vol.3につきましては、よりクオリティを高めて、遅くとも冬コミ(C97)での発行を予定しています。宜しくお願いいたします。

3

ばびぶべぼ研究室@BOOTHに販売商品を追加しました。

C95で頒布したSPARQL 50本ノックの電子版を追加しました。これまで紙書籍でご購入いただいた方も電子版をダウンロードいただけます。
(購入者側の画面がどうなっているのかよく分かっていないので、ダウンロードできなかったら教えてください)

ご興味ございましたらよろしくお願いいたします。

BOOTH SPARQL 50本ノック

BOOTHで購入する

BOOTHでの通販を始めてからじわじわと注文いただいておりまして、ありがたい限りです。ブーストしてお支払いくださる方もいて、本当に励みになります。

今年度から真面目に働き始めたので、同人活動に費やせる時間が相当減少していますが、イベントに申し込むことは辞めずに、締め切り駆動開発でやっていく予定です。

夏コミ(C96)は、2日目(8月10日土曜日) 南地区 オ-23bにて出展します。宜しくお願いします。