VirMach OpenVZ Linux ベンチマーク

2018/3/25

また、海外VPSの話です。今回はVirMachのVPSです。

プランも豊富で、私が使っている限りでは品質も悪くはないようです。AUPはリソースの使用率が厳しいように見えますが、具体的な数字が表示されている方が、明確な基準もわからずサスペンドされるより十分親切だと思います。

しかし、最近、新たに注文しようとしたら「てめえの国は危ねえから身分証明書見せろや」と言われるようになってしまいました。
Bitcoin支払いなら身分証の提示は不要だそうですが、Bitcoinで積極的に支払おうとする人の方がリスク高い気のでは…。
いずれにせよ面倒なので、今契約済みのサービス以上に注文することはないでしょう…。

1,2ヶ月前にCloud Storageプランの提供が始まり、1TBで$7/m (年払いなら$70/y)という大変魅力的な価格なんですけどね。すぐに在庫切れになるくらいには売れているようです。同価格帯ではTime4VPS Storage VPSが挙げられますが、場所がリトアニアでネットワーク的に遠いのでちょっと…。


さて、OpenVZの安いプランですがベンチマーク結果を貼り付けておきます。
OpenVZ Linux Pro+: vCPU 3 cores / RAM 2GB / SSD 50GB / BW 2TB@1Gbps

========================================================================
 BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

System: SuperficialJaded-VM: GNU/Linux
 OS: GNU/Linux -- 2.6.32-042stab120.11 -- #1 SMP Wed Nov 16 12:05:45 MSK 2016
 Machine: x86_64 (x86_64)
 Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
 CPU 0: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 0 @ 2.60GHz (5200.0 bogomips)
 Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
 CPU 1: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 0 @ 2.60GHz (5200.0 bogomips)
 Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
 CPU 2: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 0 @ 2.60GHz (5200.0 bogomips)
 Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
 01:08:52 up 1 day, 8:59, 1 user, load average: 0.10, 0.03, 0.01; runlevel 2017-11-27

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Wed Nov 29 2017 01:08:52 - 01:37:02
3 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 29514007.0 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 3538.0 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 2682.5 lps (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 587221.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 165197.8 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1444993.2 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 1281854.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 127880.5 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 6710.6 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 5212.0 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 1443.9 lpm (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead 2822925.4 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 29514007.0 2529.0
Double-Precision Whetstone 55.0 3538.0 643.3
Execl Throughput 43.0 2682.5 623.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 587221.3 1482.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 165197.8 998.2
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1444993.2 2491.4
Pipe Throughput 12440.0 1281854.4 1030.4
Pipe-based Context Switching 4000.0 127880.5 319.7
Process Creation 126.0 6710.6 532.6
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 5212.0 1229.3
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 1443.9 2406.5
System Call Overhead 15000.0 2822925.4 1882.0
 ========
System Benchmarks Index Score 1114.1

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Wed Nov 29 2017 01:37:02 - 02:05:13
3 CPUs in system; running 3 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 88112723.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 10593.6 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 8593.3 lps (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 524664.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 139917.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1598747.9 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 3826102.3 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 692089.2 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 17979.7 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 11976.9 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 1743.2 lpm (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead 3467165.6 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 88112723.4 7550.4
Double-Precision Whetstone 55.0 10593.6 1926.1
Execl Throughput 43.0 8593.3 1998.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 524664.3 1324.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 139917.1 845.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1598747.9 2756.5
Pipe Throughput 12440.0 3826102.3 3075.6
Pipe-based Context Switching 4000.0 692089.2 1730.2
Process Creation 126.0 17979.7 1427.0
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 11976.9 2824.7
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 1743.2 2905.3
System Call Overhead 15000.0 3467165.6 2311.4
 ========
System Benchmarks Index Score 2201.0

お次はbench.shの結果

ちなみにロケーションはLos Angeles、ColoCrossingのDCですね。
経路にもよりますが、国内OCNからだとRTT 120msくらいです。

----------------------------------------------------------------------
CPU model : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 0 @ 2.60GHz
Number of cores : 3
CPU frequency : 2599.821 MHz
Total size of Disk : 50.0 GB (4.6 GB Used)
Total amount of Mem : 2048 MB (357 MB Used)
Total amount of Swap : 0 MB (0 MB Used)
System uptime : 1 days, 21 hour 45 min
Load average : 0.00, 0.00, 0.00
OS : CentOS 7.4.1708
Arch : x86_64 (64 Bit)
Kernel : 2.6.32-042stab127.2
----------------------------------------------------------------------
I/O speed(1st run) : 858 MB/s
I/O speed(2nd run) : 926 MB/s
I/O speed(3rd run) : 937 MB/s
Average I/O speed : 907.0 MB/s
----------------------------------------------------------------------
Node Name IPv4 address Download Speed
CacheFly 205.234.175.175 24.0MB/s
Linode, Tokyo, JP 106.187.96.148 9.02MB/s
Linode, Singapore, SG 139.162.23.4 8.18MB/s
Linode, London, UK 176.58.107.39 7.45MB/s
Linode, Frankfurt, DE 139.162.130.8 8.15MB/s
Linode, Fremont, CA 50.116.14.9 59.8MB/s
Softlayer, Dallas, TX 173.192.68.18 24.8MB/s
Softlayer, Seattle, WA 67.228.112.250 76.7MB/s
Softlayer, Frankfurt, DE 159.122.69.4 6.46MB/s
Softlayer, Singapore, SG 119.81.28.170 5.84MB/s
Softlayer, HongKong, CN 119.81.130.170 10.3MB/s
----------------------------------------------------------------------

コミックマーケット93 参加報告

2018/1/9

C93お疲れ様でした。弊サークル「ばびぶべぼ研究室」は、の出展でした。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

新刊

前日深夜から日をまたいで印刷・製本作業でなかなか切羽詰まっておりましたが、今回も無事に新刊を出すことができました。
化粧断ちする時間がなかったので、ページがめくりにくかったらすみません。

今回もLaTeXで組版しましたが、図表の処理が色々辛かったり、秘伝のタレ化していたり、見栄えもあまり良くないのでどうにかしたいですね。
組版に手をかける時間がいつも無いので流し込むだけで済ませてしまっている、ということもあるのですが…。

AniMetadata Vol.1

当日レポート

早朝の寒さと荷物の重みに耐えながら、8:00頃に現地着。

10:00 開場。以下はサークルスペースからの眺めです。

サークルスペースからの眺め

開始から数分で来たくださった方もいて、こんなサークルに早くから来るなんて物好きだなぁと(本当にありがとうございます)。

既刊は無事完売いたしまして、15時には新刊も残り数冊というところで撤収いたしました。頒布数としては過去最高を更新しました。頒布数の詳細につきましては以下のページをご覧ください。

イベント頒布記録: https://babibubebo.org/lab/distribution_data/

撤収後、企業ブースをぶらぶら。

AQUAPLUSブースにて、WHITE ALBUM2 EXTENDED EDITIONのムービーが流れておりました。胸が熱くなりました。最高です。楽しみです。IFLA-LRMでいうところの、Aggregate Manifestationですね。

C93 AQUAPLUSブース

16:30頃、開場を離脱。ありがとう!ビッグサイト!

東京ビッグサイト

おわりに

新刊の内容は「アニメ作品のデータモデルを考える」というニッチな本でしたが、作品データベースを内製していて同じような問題意識を持っている方や、具体的なデータの活用に向けた議論など、様々なご意見をいただけて大変有意義でした。また、後日Twitterなどでもご感想をいただけるようになって、本当に嬉しく思います。

アニメのメタデータそのものにフォーカスした同人誌を私は目にしたことがなかったので、需要が無いんだろうなぁ、と考えていたのですが、単に誰もやっていなかっただけなんじゃないかなぁ、という思いが今回の参加を通じて強くなりました。

いよいよ「アニメ(その他)」ジャンルなのか???、という感じもしますが、今更変えるわけにもいかないので次もこのままの予定です。しかし、3日目の評論・情報との住み分けが曖昧なのがとても不便なので、改善してほしいですねぇ(何回も言っているが)。

それでは夏コミC94にも申し込む予定ですので、またお会い出来れば嬉しく思います。

パッチ用version.dllを導入しても「Authentication failed : unrecognized kernel32 module. / NM.」が発生する

2018/1/7

ワムソフト版吉里吉里の一部のバージョンで、Windows 8以降の64bit OSだとkernel32.dllのパスの判定が誤爆して起動できないという問題がありました。

---------------------------
吉里吉里
---------------------------
Authentication failed : unrecognized kernel32 module. / NM.
---------------------------
OK 
---------------------------

これを回避する手段としては、以下のパッチがよく知られています。

Windows8 64bitで魔法使いの夜をプレイ « 他人の空

最近、Win10 x64な環境で「失われた未来を求めて」をプレイしようと思ったところ、このゲームは開発元が解散してしまいサポートがないため、上記パッチをありがたく使っていました。

しかし、ある日突然、再度同様のエラーが発生し起動できなくなってしまいました。特に実行環境に手を加えた覚えもなく、せいぜいWindows Updateを疑うぐらいでした。色々と試行錯誤していると、別のパスにインストールし直すと(もちろんパッチのversion.dllも導入して)、実行できるようになることが分りました。

インストールパスに依存した何かが悪さしていると考え、レジストリを検索してみると、以下のようなエントリがありました。
結論から言うと、このエントリを削除することで、正常に動作するようになりました。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AppCompatFlags\Layers]
"C:\\Program Files (x86)\\TRUMPLE\\失われた未来を求めて\\失われた未来を求めて.exe"="$ IgnoreFreeLibrary<nvd3dum.dll>"

これは実行ファイルの互換モードの設定するもので、「$ IgnoreFreeLibrary<nvd3dum.dll>」との指定がされており、以下のページにそれらしい説明があります。

終了エラーの問題 – Windows IT Pro Center

nvd3dum.dllはNVIDIAのドライバ関連ですが、この互換性設定がなぜパッチ用version.dllに影響を及ぼしているのか、これ以上のことは疲れたので調べていません。また、何をトリガーにしてこのエントリが作成されるのか不明ですが、とりあえず解決です。


佳織ちゃんとのエッチシーンを終え一息ついたところで本事象が発生したので、とても辛かったです。
われめてはアニメを見てから原作ゲームをやりたいとずっと思っていたので、これから非常に楽しみにしております。

AlphaRacks 格安VPSを使ってみる

2017/11/27

(アクセス解析によるとマイニング目的で当記事を閲覧される方が多いようなので・・・)
AlphaRacksのVPS上でのマイニング行為はAcceptable Use Policyに違反します。止めましょう。


また海外の格安VPSの話題です。今回はAlphaRacksのVPS。

ここは頻繁にセールをやっているのであまり目新しさはないですが、ブラックフライデーでlowendboxに$7/年のプランがポストされていたのでこれを購入しました。

[BLACK FRIDAY DEAL] AlphaRacks – 1GB OpenVZ – $7/year!

1GB RAM
20GB RAID10 Protected Disk Space
1500GB transfer
100Mbps uplink
1x IPv4
20x IPv6 (free on request)
DDoS Protection powered by QuadraNet Vest
OpenVZ / SolusVM
$7/year

OpenVZでvSwapもないためメモリは2GBは欲しいですね。
$5/yearで1GB追加できるaddonを購入し、計$12/yearでした。
addonは自分でサポートチケットを開かないと適用されないのが少し面倒でした。

Read more…

OVH Singaporeへの経路が改善

2017/11/24

以前こちらの記事でOVH Singaporeへの経路が悪くてRTTが高いと書きましたが、最近改善されたようです。

OVH Tasks: FS#27697 — NTT, AS2914, SINGAPORE ASIA

Read more…