Fedora 25 on DELL XPS 13 9343

2016/11/24 

Fedora 25がリリースされましたね。

Fedora Magazine: Fedora 25 released!

今回の目玉は、デスクトップ版(Fedora Workstation)においては、Waylandが標準になったことでしょうか。
あと開発環境としては、PHP 7やRustの対応がありますね。

XPS 13 9343 (2015年モデル)で動かしているFedora 24を25にアップグレードさせましたが、とりあえず致命的な問題はなさげです。
23→24の時と同様に、dnf-plugin-system-upgradeを用いてアップグレードします。

Fedora Project Wiki: DNF system upgrade

$ sudo dnf upgrade --refresh
$ sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade
$ sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=25

ここでサードパーティのリポジトリを追加してると依存関係の問題が起きるかもしれないので、--allowerasingオプションで当該パッケージを削除するようにします。
それと、私の環境ではtexliveのパッケージが競合するとか言われたので、除外するようにしました。

$ sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=25 --allowerasing -x texlive*

そして、アップグレード実行。

$ sudo dnf system-upgrade reboot

いつ頃のkernelからか忘れましたが、ヘッドホン出力から一定周期でプチップチッというようなノイズが出力され、まともにヘッドホンが使えない状態が続いています。今回のkernel 4.8系でも直ってません・・・。
(kernel 4.6.3でサウンドカードが検出されなかったバグとか、サウンド周りは何かと問題が多いですね)
XPS 13 9350 (2016年モデル)のArchWikiに同様の問題について記述がありますが、どれも解決しませんでした。

原因を調べようと思ってテキトーにソース眺めたりしたけれど、デバイス周りの知識も無いので全然分かりませんでした(完)


Category : Linux

Tags :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。