COMODO Firewall アップデート失敗

2011/12/29 

今月19日にCOMODO Internet SecurityのVersion 5.9.219863.2196がリリースされていた。
そんでもってアップデートの通知が表示されてていて、アップデートを試みるものの、どうしたものかアップデートが失敗する。
以前のアップデートでも何度か同じような症状になったことがあった。
リリースノートフォーラムの情報によると、今回の更新内容はAntivirus関連のようだったので、今日までテキトーにスルーしていた。
が、どうも精神衛生上よろしくないので、どうにかアップデートさせることにした。(再インストールは面倒なので、最終手段)

取り敢えず、COMODOのメインウィンドウの「More(その他)」タブより「Check for Updates(アップデートの確認)」で「COMODO Firrewall – Updater」を起動させ、更新を試みる。
しかし、更新中にエラーが発生しただとか、何度やってもうまくいかない。

いろいろ試してみると、COMODO(cfp.exe)をタスクマネージャやタスクトレイなどから終了させ、COMODOをインストールしたフォルダにある「cfpupdat.exe」を管理者権限で実行させたら一発で成功した。
う~む、いったい何が原因なのだろう。
更新が通知されて、「更新しますか?」―「はい」「いいえ」的なところでUACが出てきて管理者権限に昇格しているはずなんだけどな。
あ、でも手動でアップデータで更新したときはUACダイアログは出てこなかったな・・・
やっぱcfp.exeが起動してるとだめなのかしらん、つーかそうだったらアップデート時に自動終了させるよな。

よくわからんが一件落着ってことで。
COMODO Firewallは機能も豊富で使いやすいんだが、こういうところの作り込が甘いんだよなぁ。
自分の環境が悪い可能性も否定できないから容易に批判は出来ないけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。