不具合にイライラ -ChromeとEMETの競合-

2012/11/26 

普段良く使うソフトウェアの不具合にはイライラしてしまうもの。


ウェブブラウザの「Google Chrome」
まずはAdobe Flash Player関連。
検索してみると音が出ないなど、多くの方々から不具合の報告が寄せられているようだ。
私の環境の場合、Papper Plugin API(PPAPI)版のFlash Playerを有効にしておくと、プラグインが読み込みさえされないのだ。
Chrome v23 Flash不具合
仕方なく、NPAPI版のFlash Playerを有効にしてしのごうか。

ところがまだ不具合がある。
それは特定サイトでクラッシュしてしまようになったことだ。もちろん今回のアップデート後で。
頻繁に利用するサイトの中では「VirusTotal」で発生する。
まず、 ファイルを選択し「Scan it!」ボタンをクリックし、ハッシュ計算中途の表示がされた直後以下のようなエラー表示になる。
Chrome v23 Crash 
なお、Chromium系のブラウザであるSRWare Iron v.23ではこの症状は発生しない。

うーむ、どうもおかしい。原因が気になる。。。
ここで以前記事に書いたDRM関係の問題を思い出したのだが、またEMET(Enhanced Mitigation Evaluation Toolkit)v3.0が原因ではないのか・・・?
確かにEMETにはChromeは保護対象に設定されているし、PPAPIの仕組み的にも何らかの干渉を起こしていてもおかしくない。
試しに無効にする・・・と、案の定、これらの問題が解消されたのだ!
以前のバージョンでもEMETとChromeと 競合した問題があり、修正されたはずだったのだが・・・

The Chromium Blog: Compatibility Issues With EMET

ChromeはEMETと同等のセキュリティ機構が実装されているとのことで、EMETは無効にしても良いかもしれない。
ただ、今回はSEHOP(Structured Exception Handling Overwrite Protection)が干渉しているようなので、これを無効にすれば良いようだ。

 EMET chrome.exe

無事解決してよかったが、もしMicrosoftがこの問題を認識しているならば、同梱されているProfile(All.xml)の設定を修正して欲しい。
EMET Notifierも何も通知しないしイベントログにも何も残らないし、また原因の特定に手こずったなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。