コンテンツへスキップ

今年の春、道端で転んで右手を痛めたので整形外科でX線撮影をしたところ、転倒による打撲とは全く関係ない骨の異常が偶然見つかりました。その時は、骨嚢腫が疑われるとの診断を受け、急を要する状態ではないが大きくなる恐れがあるのでまた来てほしい、と言われていました。

9月頃にふと思い出して再度診察してもらったところ、大きくなっているとのことで手術を勧められ、大学病院へ紹介してもらうことに(とはいえ自分の大学なのですが・・・)。X線撮影に加えてエコーで見てみたところ、骨嚢腫でなく「腱鞘巨細胞腫」の可能性が高いとのこと。手にできる腫瘍では比較的多いものらしく、後日造影MRI検査でも確認されました。痛みなどの自覚症状や皮膚の隆起などの外観の異常も無かったため、春に転倒していなければ発見されることはなかったでしょう。

関節付近に発生していることもあり、骨が折れてからでは厄介なのでさっさと手術しようという流れになり、先月末に手術を受けてきました。伝達麻酔下での手術だったのですが、神経に触れられている感触や骨を伝わる振動を感じますので、あまり気持ちの良いものではありませんでした。鳥の手羽先をビョーンビョーンといじっているような様子を勝手に想像していました。医師らの言動から察するに、腫瘍に辿り着くまでに若干難儀していた様子ですが、手術は2時間ほどで終わりました。摘出された腫瘍を見せて貰いましたが、ただの真っ赤で小さな肉片でなんだかよく分かりませんでした。

術後はしばらく右手がまともに使えず、一人暮らしの身としてはなかなかの不便を強いられましたね。特に、過剰なプラスティック容器包装には心底イライラさせられました。例え「マジックカットTM」であっても片手でねじり切るにはかなりの困難が伴います。それから、キーボード操作も慣れれば片手でそこそこのスピードで打てるようにはなるのですが、同時押しのショートカットキーの入力がかなり不便で、コーディング作業の効率はかなり落ちました。

手術から一ヶ月ほど経過した現在は、リハビリの甲斐もあって徐々に回復してきています。ただ、手術部位の親指、特に第一・第二関節の可動域がかなり狭まっている状態です。左手で押さえ付けてやれば曲がるのですが、自力(自動運動)ではわずかしか曲がらない状態です。日常生活に大きく支障があるレベルではないですが、何か物を持とうとしたときに親指がグリップせずストンと落としてしまったり、字を書くのが下手になったりなどの影響はあります。今後の回復に期待しましょう。

ひとまずは安心ですが、再発率が3, 4割ほどあるようですので、定期的にMRI検査することになるようです。

1

HostMyBytesで今年の6月頃に追加されたSSD VPSプランについて、半年ぐらい順調に動いているのでまとめておきます。

ロケーションはLos AngelsとNew Yorkがあり、例によってColoCrossingのDCです。私はLAのメモリ6GBプラン $39/year を契約してみました。

Test results for SSD VPS 6GB VPS Special at hostmybytes.com

Server specs:

4 × Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1240 V2 @ 3.40GHz
6 GB RAM / 42 GB disk space
Centos 7.5.1804 Core

Benchmark results summary:

UnixBench - 1607.8
Disk Read - 2135 MB/s
Disk Write - 794 MB/s
Bandwidth - 522.60 MB/s

More: https://serverscope.io/trials/3qEd

ベンチマークを実行してみると、パフォーマンスはかなり良好です。CPUが若干弱いですが、SSDなだけあってI/Oが高速なので、多少詰め込まれてもlsコマンドの実行に数十秒待たされるような状況は発生しにくいかと思われます。まぁ、激しい隣人が居るとどうにもならないかもしれませんが・・・。

半年ほど使っていますが何時間も続くようなダウンタイムは今のところありません。

現在このVPSではMastodonのお一人様インスタンスを運用していて、比較的快適に使えています(OpenVZ6なのでnon-Dockerです)。リレーに参加して接続数は計1,000以上ありますが、特にチューニングもせずに動かしていても常時3GBほどのメモリ消費で安定して動いているようです。メディアのストレージ用には、 $11/year のHDDプランを契約してminioを運用しています。

他にユーザが居ないので多少不安定であろうとも、気にせずお気楽に運用できるのが良いですね。比較的高いスペックを要求するMastodonですが、年間$50ほどで動かせれば万々歳ではないでしょうか。一人用で動かす分には、わざわざ国内にサーバが必要であるほどレイテンシが気になるサービスでもないでしょうし、安定性を多少犠牲にすれば格安海外VPSの良い活用法だと思っています。

ノートPCに次いで、デスクトップも新調しました。前回新調した時のブログ記事を参照すると、かれこれ4年半ほど使い続けていたようです。途中でメモリを増設したり、SSDやグラフィックボードを買い替えたりしたことはありましたが、大きな不具合もなく働いてくれたと思います。

さて、今回は話題のRyzenを導入しました。AMD CPUを買ったのはPhenom II以来ですね。

購入したものCPU装着

... "デスクトップPC新調 AMD Ryzen" を続けて読む

持ち出し用のノートPCとしてXPS 13 9434を使い3年ほどになりました。Fedoraをインストールして使っていましたが、無線LANカードを交換した以外は大きな不満はなく良いマシンでした。ですが、そろそろメモリ8GBと2 core 4 threadsのなんちゃってCore i7というスペック的な厳しさを感じるようになったことと、負荷をかけると謎のフリーズが時々発生するようになったため、買い替えることに。

XPSシリーズ最新モデルのXPS 13 9370を買うという考えもあったのですが、メモリを16GBにするとそれなりのお値段になってしまうので、少しグレードを下げてInspiron 13 7370を購入しました。XPSと比較すると、XPSライクのアルミボディとスリムベゼルは良さげですが、一方、非光沢ディスプレイが選べないことと若干重い(1.4kg)ことが欠点ですね。Linuxのサポートについては、Ubuntu Certified hardwareArchWikiを見て指紋リーダー以外は特段問題なさそうだという判断です。

Inspiron 13 7000シリーズで16GBのメモリという要件を満たすのはスプレマシーという最上位モデルのみなので、これに決定です(Windowsを使わないのでOffice同梱モデルも当然除外)。17%オフのクーポン適用で14万円ほどでした。

  • 8/30 商品注文。クレジットカードの与信NGで一度連絡が来ましたが、別のカードで決済し直して解決。
  • 8/31 生産完了の通知。
  • 9/5 国内物流拠点から出荷。
  • 9/6 佐川急便から受け取り完了。

当初のお届け予定は9/11だったのですが、一週間ほどで手元に届きました。即納モデル以外だと配送が遅いとの意見をよく目にしますが、何の問題も起きなければこのくらいで届きますね。まぁ、AliExpressなどの中国通販で訓練されている身としては1, 2ヶ月かかるのを考えると大したことはないのですが。

... "Fedora 28 on Inspiron 13 7370 スプレマシー" を続けて読む

コミックマーケット94(C94)に参加された皆さん、お疲れ様でした。昨年の夏コミが比較的過ごしやすかったこともあり、今回は身にこたえる暑さでした。

新刊

AniMetadata Vol.2 (ISDN278-4-663011-05-1)

今回は、私が別の原稿を抱えているという事情もあり、てんくろ氏に協力いただき共同執筆といたしました。本当にギリギリだったので、表紙がペラペラだったり、組版がテキトーだったりして申し訳ないです。

いつも通りLaTeXを使って書いており、てんくろ氏にはMarkdownで書いてもらってPandocで変換するという方法をとったのですが、結局手で修正しなければならない部分(特に図表)が多くてあまり効率的ではありませんでした。反省です。

... "コミックマーケット94 参加報告" を続けて読む