コンテンツへスキップ

以前に書いた ファイルサーバ移行 PRIMERGY TX1330 M2 ですが、HDD 4台では足りなくなってきました。新たに増設しようと思うのですが、オンボードのコントローラでは4台のSATAドライブしか接続できませんので、別途HBA(RAID)カードが必要です。

Fujitsu D2607(LSI SAS 9211-8i相当)というRAIDカードが1,000円前後で出回っていますので、こちらを使ってみることにします。ZFSで運用する上でハードウェアRAIDはむしろ邪魔になるので、RAID機能は使わず単なるHBAとして利用することを考えます。

Fujitsu D2607

いろいろ調べてみると、JBODモードで動かすことは可能なようですが、HDDの一部のモデルでは不具合があるようです。その対象であるTOSHIBA MD04は、まだいくらか手元に転がっているので、別の方法が必要です。

LSI のRAIDカードでJBODを有効にする - infla - Confluence

D2607と相当であるLSI SAS 9211-8iは、IT(Initiator Target)ファームウェアが提供されており、こちらに書き換えるという方法があります。ただ、D2607と全く同一のハードではありませんので、どうも一筋縄にはいきませんでした。

検索してみると先人の方々による情報が沢山見つかりまして、色々試してみた結果、以下のフォーラムに投稿されていた手順で成功しました。

Fujitsu D2607-8i - Crossflash to LSI 9211-8i

FreeDOSとEFI Shellを行き来する必要がありますが、TX1330 M2はデフォルトでUEFIモードに設定されていてFreeDOSをブートできないので、BIOSモードへ設定変更が必要です。(これに気がつくまでずっとハマってました)

Fujitsu: UEFI対応情報

上記資料p.21の記載に設定方法が記載されています。

BIOSセットアップメニュー: [Advanced] - [CSM Configuration]
- [Launch CSM]: "Enabled"
- [Boot option filter]: "UEFI and Legacy"
- [Launch PXE OpROM policy]: "Legacy only"
- [Launch Storage OpROM policy]: "Legacy only"
- [Other PCI device ROM priority]: "Legacy only"

ファームウェアの書き換えも終わったところで、次はHDDの増設です。

JusyMyShopで販売していた格安モデルは、3.5inch HDDを4台搭載できるドライブベイしかありません。そこで、ドライブベイだけ拝借してニコイチにすることを考えて、2つ購入していました。実際にやられている方もいます(以下ブログ記事)。

富士通 PRIMERGY TX1330M2 その9・SASバックプレーンをニコイチする

ただ、正直面倒くさくなってきたのと、HDDマウンタの入手の問題があるので、今回は5inchベイに搭載できるiStarUSAのケースを買ってきました。3つある5inchベイを遊ばせておくのも、もったいないので。

あとは、ガシャンと装着して完成です。

2

FUJITSU Server PRIMERGY TX1310 M1で構築したファイルサーバですが、かれこれ2年半くらい稼働でストレージ容量が一杯になってしまいました。昨年の秋頃にJust MyShopで安売りしていたTX1330 M2を寝かせたままということもあり、サーバを移行することにしました。

... "ファイルサーバ移行 PRIMERGY TX1330 M2" を続けて読む

ノートPCに次いで、デスクトップも新調しました。前回新調した時のブログ記事を参照すると、かれこれ4年半ほど使い続けていたようです。途中でメモリを増設したり、SSDやグラフィックボードを買い替えたりしたことはありましたが、大きな不具合もなく働いてくれたと思います。

さて、今回は話題のRyzenを導入しました。AMD CPUを買ったのはPhenom II以来ですね。

購入したものCPU装着

... "デスクトップPC新調 AMD Ryzen" を続けて読む

持ち出し用のノートPCとしてXPS 13 9434を使い3年ほどになりました。Fedoraをインストールして使っていましたが、無線LANカードを交換した以外は大きな不満はなく良いマシンでした。ですが、そろそろメモリ8GBと2 core 4 threadsのなんちゃってCore i7というスペック的な厳しさを感じるようになったことと、負荷をかけると謎のフリーズが時々発生するようになったため、買い替えることに。

XPSシリーズ最新モデルのXPS 13 9370を買うという考えもあったのですが、メモリを16GBにするとそれなりのお値段になってしまうので、少しグレードを下げてInspiron 13 7370を購入しました。XPSと比較すると、XPSライクのアルミボディとスリムベゼルは良さげですが、一方、非光沢ディスプレイが選べないことと若干重い(1.4kg)ことが欠点ですね。Linuxのサポートについては、Ubuntu Certified hardwareArchWikiを見て指紋リーダー以外は特段問題なさそうだという判断です。

Inspiron 13 7000シリーズで16GBのメモリという要件を満たすのはスプレマシーという最上位モデルのみなので、これに決定です(Windowsを使わないのでOffice同梱モデルも当然除外)。17%オフのクーポン適用で14万円ほどでした。

  • 8/30 商品注文。クレジットカードの与信NGで一度連絡が来ましたが、別のカードで決済し直して解決。
  • 8/31 生産完了の通知。
  • 9/5 国内物流拠点から出荷。
  • 9/6 佐川急便から受け取り完了。

当初のお届け予定は9/11だったのですが、一週間ほどで手元に届きました。即納モデル以外だと配送が遅いとの意見をよく目にしますが、何の問題も起きなければこのくらいで届きますね。まぁ、AliExpressなどの中国通販で訓練されている身としては1, 2ヶ月かかるのを考えると大したことはないのですが。

... "Fedora 28 on Inspiron 13 7370 スプレマシー" を続けて読む

3年ほど前に購入したサウンドハウスのUPS「UPS1000PSRM」のバッテリーを交換しました。

先日うっかり電気を使いすぎてブレーカーを落としてしまったのですが、UPSは弱った鳴き声を上げて数秒でダウンしてしまいました。購入時期を考えると、バッテリーが寿命を迎えていると思われたので、交換に至ったわけです。

交換用のバッテリーは、サウンドハウスで安価に販売されています。

サウンドハウス: CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / UPSB7AH

いくつか容量が異なるものが販売されていますが、UPS1000PSRMは7Ahが2個使用されているので同じものを購入しました。

バッテリーの交換方法については、ご丁寧にYouTubeに解説動画が公開されています。

しかし、UPS1000PRSMはラックマウント用の製品で形状が異なり、分解が少し面倒でした。
背面、上面、左右側面のネジをすべて外すことで、本体カバーを取り外すことができます。
(取り外し後の写真が以下)

あとはショートに注意しながらバッテリーを交換します。
バッテリーを保持している金具は底面からビス止めされており、一人でバッテリーが動かないように手で押さえながらの作業は大変でした。
それなりの重量があるので、うっかり倒れないように注意する必要があります。

交換後、電源を投入して充電確認および電源断のテストを行い、無事終了です。
これでまた2年くらい持てばよいのですが、次は電源回路のコンデンサなどの寿命が心配になってきますね。

自宅鯖たちを支える大事なUPSですが、ひとまず今夏の停電対策ができたのでよしとしましょう。