コンテンツへスキップ

1

先日公開されました、COMODO Internet Security(以下CIS) 2013 (Version.6.0.260739.2674)
久々のメジャーバージョンアップということで、多くの新機能・改良がなされました。

Release Notes: http://downloads.comodo.com/cis/download/updates/release/inis_2000/release_notes.html
Forum: COMODO Internet Security 2013 v 6.0.260739.2674 released!

「Virtual Kiosk」といった仮想デスクトップなど、Sandbox機能が大幅に強化されています。
また、GUIも刷新され、以下の様なデザインに。
以前より設定ウィンドウへアクセスするのが手間になりましたが、メイン画面下のタスクバーをカスタマイズすることにより改善可能です。
ただ、旧バージョンから使い勝手の悪かったルール編集ですが、さらに操作性が低下したようにも思います。
ソートもできない、検索もできない・・・一括設定なども欲しいところです。

CIS 6.0 メイン画面

アンチウイルス(マルウェア)・ファイアウォール・仮想化・サンドボックス
これぞインターネットセキュリティスイート(総合セキュリティソフトウェア)という感じですね。
無償で提供されているわけですから、素晴らしい限りです。

ただ、リリースされて間もないので不具合の報告も多数ありますので、導入の際はご注意ください。
他社アンチマルウェアと比較して少々誤検出も多めですので、初めて導入される方などはこの点もお気を付けください。


CIS(Firewall機能のみインストール)とBitDefender 2013の併用環境ですが、ひとつ問題が生じたので書いておきます。

Google ChromeやFirefoxが正常に動作しなくなりました。
Chromeについては以下の画像のような状態でページが一切描画されません。Chrome 不具合

Firefoxについては、Flash Playerが正常動作せず、Flashを含むページを表示した瞬間フリーズしてしまいます。

当初はCIS側の設定の問題かと思ったのですが、無効にしても改善しないため、別の要因であるはず。
しばらくいじくっていると、BitDefenderのActive Virus Control(AVC)を無効にすると、改善することがわかりました。
また、検索しみると、Forumの方に同様のバグレポートを発見。

Forum: Unable to surf after installing Comodo 6 with Bitdefender [MN] [v6]

CISをインストールしていない場合発生しないので、CISとBitDefenderで何らかの競合が発生していると思われます。
フィルタドライバあたりでなんやかんややっているはずですから。

取り敢えず、一時しのぎの例外設定。BitDefender側です。
Chromeは「chrome.exe」を除外すれば大丈夫みたいですが、Firefoxはシステムディレクトリ以下にインストールされたFlash Playerプラグイン自体を除外する必要がありました。
plugin_container.exeは起動しているようですが、Flash Playerのロードに失敗しているみたい?
OOPP(Out-Of-Process-Plugins)を無効にした場合は、たぶん大丈夫なはずです。
※[追記] Firefox15以降ではOOPPは無効化できないようでした。確認せずすみません。

BitDefender 除外設定
次回のアップデートで修正に期待です。
しかしながら、他のセキュリティソフトとの併用は基本的には推奨されないので、そこら辺は自己責任で。

あと、最後に。COMODO Internet Security まとめWikiも宜しくです。
公式Help(英語)はかなり詳しいのですが、ユーザーならではの情報を集約していく予定です。
よろしければ編集・加筆にご協力いただければ幸いです。

1

普段良く使うソフトウェアの不具合にはイライラしてしまうもの。


ウェブブラウザの「Google Chrome」
まずはAdobe Flash Player関連。
検索してみると音が出ないなど、多くの方々から不具合の報告が寄せられているようだ。
私の環境の場合、Papper Plugin API(PPAPI)版のFlash Playerを有効にしておくと、プラグインが読み込みさえされないのだ。
Chrome v23 Flash不具合
仕方なく、NPAPI版のFlash Playerを有効にしてしのごうか。

ところがまだ不具合がある。
それは特定サイトでクラッシュしてしまようになったことだ。もちろん今回のアップデート後で。
頻繁に利用するサイトの中では「VirusTotal」で発生する。
まず、 ファイルを選択し「Scan it!」ボタンをクリックし、ハッシュ計算中途の表示がされた直後以下のようなエラー表示になる。
Chrome v23 Crash 
なお、Chromium系のブラウザであるSRWare Iron v.23ではこの症状は発生しない。

うーむ、どうもおかしい。原因が気になる。。。
ここで以前記事に書いたDRM関係の問題を思い出したのだが、またEMET(Enhanced Mitigation Evaluation Toolkit)v3.0が原因ではないのか・・・?
確かにEMETにはChromeは保護対象に設定されているし、PPAPIの仕組み的にも何らかの干渉を起こしていてもおかしくない。
試しに無効にする・・・と、案の定、これらの問題が解消されたのだ!
以前のバージョンでもEMETとChromeと 競合した問題があり、修正されたはずだったのだが・・・

The Chromium Blog: Compatibility Issues With EMET

ChromeはEMETと同等のセキュリティ機構が実装されているとのことで、EMETは無効にしても良いかもしれない。
ただ、今回はSEHOP(Structured Exception Handling Overwrite Protection)が干渉しているようなので、これを無効にすれば良いようだ。

 EMET chrome.exe

無事解決してよかったが、もしMicrosoftがこの問題を認識しているならば、同梱されているProfile(All.xml)の設定を修正して欲しい。
EMET Notifierも何も通知しないしイベントログにも何も残らないし、また原因の特定に手こずったなぁ。