コンテンツへスキップ

1

普段良く使うソフトウェアの不具合にはイライラしてしまうもの。


ウェブブラウザの「Google Chrome」
まずはAdobe Flash Player関連。
検索してみると音が出ないなど、多くの方々から不具合の報告が寄せられているようだ。
私の環境の場合、Papper Plugin API(PPAPI)版のFlash Playerを有効にしておくと、プラグインが読み込みさえされないのだ。
Chrome v23 Flash不具合
仕方なく、NPAPI版のFlash Playerを有効にしてしのごうか。

ところがまだ不具合がある。
それは特定サイトでクラッシュしてしまようになったことだ。もちろん今回のアップデート後で。
頻繁に利用するサイトの中では「VirusTotal」で発生する。
まず、 ファイルを選択し「Scan it!」ボタンをクリックし、ハッシュ計算中途の表示がされた直後以下のようなエラー表示になる。
Chrome v23 Crash 
なお、Chromium系のブラウザであるSRWare Iron v.23ではこの症状は発生しない。

うーむ、どうもおかしい。原因が気になる。。。
ここで以前記事に書いたDRM関係の問題を思い出したのだが、またEMET(Enhanced Mitigation Evaluation Toolkit)v3.0が原因ではないのか・・・?
確かにEMETにはChromeは保護対象に設定されているし、PPAPIの仕組み的にも何らかの干渉を起こしていてもおかしくない。
試しに無効にする・・・と、案の定、これらの問題が解消されたのだ!
以前のバージョンでもEMETとChromeと 競合した問題があり、修正されたはずだったのだが・・・

The Chromium Blog: Compatibility Issues With EMET

ChromeはEMETと同等のセキュリティ機構が実装されているとのことで、EMETは無効にしても良いかもしれない。
ただ、今回はSEHOP(Structured Exception Handling Overwrite Protection)が干渉しているようなので、これを無効にすれば良いようだ。

 EMET chrome.exe

無事解決してよかったが、もしMicrosoftがこの問題を認識しているならば、同梱されているProfile(All.xml)の設定を修正して欲しい。
EMET Notifierも何も通知しないしイベントログにも何も残らないし、また原因の特定に手こずったなぁ。

ず~っと悩んでいたこの問題。

「DRMで保護されたメディアファイルの再生ができない。」

(ちなみにWindows Vista SP2/ 7 SP1 (32bit/64bit), WMP12 環境です。)

ググってみると分かるように、この問題には多くの人に発生しており、原因も多岐にわたる。
トラブルシューティングを行うのも大変であった。

ある程度、解決法の定石とされているのは、

である。これに関しては以下が詳しい。

Hebikuzure's Tech Memo: 「Windows Media Player で DRM 保護されたコンテンツを再生できない

もちろん、私も以上のことは試行してみたが、「セキュリティコンポーネントのアップグレード」がどうにもこうにもできないのだ。
Internet Explorer9において管理者権限で実行し以下の2つをアップグレードする。

  1. セキュリティ コンポーネント アップグレード(個別化)
    http://drmlicense.one.microsoft.com/Indivsite/ja/indivit.asp
  2. セキュリティ コンポーネント アップグレード(証明書失効リストの更新)
    http://drmlicense.one.microsoft.com/crlupdate/jpn/crlupdate.html

しかし、(1)のページではアップグレードボタンが無効化され押すことができない。
(2)ではボタンは有効だが、押しても以下のようなエラーが表示され更新が失敗。
 セキュリティコンポーネントアップグレード

もうどこをどういじっても更新することができず、半ばお手上げ状態だった。
半年ぐらい放置していたのだが、久々に重い腰を上げて調べてみると、ようやく原因がわかった。

Internet ExplorerがEMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)によって動作が阻害されていたようだ。
EMET Notifierで通知されなかったので、なかなか気づかなかったなぁ・・・

早速、EMETのアプリケーション登録から外してから再試行すると、無事アップグレードに成功。
EMETのEAF(Export Address Table Access Filtering)によるものみたいなので、このオプションを外せば大丈夫なはず。
ただ、保護レベルは低下するはずなので、アップグレードが終わったら 元に戻したほうがいいね。
しかしながら、このIE経由のWindows Mediaセキュリティ コンポーネント アップグレードもいい加減やめて欲しいよなぁ。
普通にMicrosoftダウンロードセンターとかでインストールパッケージとして提供してくれればいいのに…

でも、やっと原因がわかってスッキリ。
よくよく考えれば、この問題が発生したPCには全てEMETを導入していた・・・。 
なかなか稀なケースかもしれないが、一応ブログに書いておく。

[補足説明]
本件はEMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)というツールがインストールされた環境が対象です。
EMETをインストールしていないのであれば、この原因とは関係はありません。